第41回JABA四国大会試合結果 JX-ENEOSが初優勝

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2012.04.10
第82回都市対抗野球大会試合結果

 第41回JABA四国大会は、4月6日から9日まで徳島県の鳴門オロナミンC球場アグリあなんスタジアムで行われ、JX-ENEOSが初優勝を果たした。

 JX-ENEOSは準決勝の王子戦で7回に打線が爆発。6点取って一気にコールドゲームに持ち込んだ。
 決勝はNTT西日本と5回まで0行進の投手戦。6回に両チーム1点ずつを挙げるが、試合を決めきれずに迎えた9回裏。2番井領 雅貴がライトへ本塁打を放ち劇的なサヨナラ勝ちを決めた。
 最高殊勲選手には、サヨナラ本塁打の井領 雅貴外野手(桐蔭学園高出身・5年目)が選出された。


試合結果はこちらをご覧ください。
第41回JABA四国大会
優勝:JX-ENEOS  今秋の第38回日本選手権出場決定

コメントを投稿する

次の記事:
都市対抗野球大会9日目(7月21日)の結果