選手名鑑

平山 誠弘(新日鐵住金かずさマジック)

平山 誠弘

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

平山 誠弘

所属チーム:
新日鐵住金かずさマジック
所属都市:
君津市
球歴:
都城工 – 第一工業大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
85kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     大学時代は西武に指名された美沢 将と同期で、大学時代に二度のノーヒットノーランを記録。ボールの速さはかずさマジックでもNO.1の速球派投手で、球速は140キロ台後半に達する。だが如何せんとして制球力が粗く、登板機会が限られていた存在だが、オープン戦から好調を示している。なんとここまで3試合を投げて無失点に抑える好投を見せている。先日観戦したオープン戦でも、5回無失点の好投。ようやくだが、彼が戦力として貢献する時期がやってきた。

     右オーバーから振り下ろすストレートは最速140キロ後半を計測する速球派右腕。先発として投げた前回のオープン戦では、常時140キロ前後・最速で145キロは達しているのはないかというぐらい勢いがある。やはり指にかかった時のストレートのスピード、球威はずば抜けて速く、迫力がある。空振りが奪えないので、あくまで打者の手元で押し込んで詰まらせて打ち取る投手だ。

     変化球は140キロ近い高速スライダーに、チェンジアップ、カーブを投げていくが、決め球と呼べる変化球はなく、あくまで見せ球程度の変化球。

     まだ細かなコントロールがあるわけではないが、ストライク先行の投球が出来るようになった。ボール先行になっても慌てる様子はなく、しっかりとストライク入れる。纏まってきたが、ストレートは空振りを奪うのが難しいので、何か決め球があると投球の幅はぐっと広がる。ストレートは押し込んで詰まらせてファールにして、カウント稼ぎに使った方が丁度良い。

     クイックは1.2秒~1.3秒。ランナーが出てからも慌てずに投げることが出来ている。オープン戦だから、落ち着いた投球は出来ているが、公式戦でもセットで安定した投球が出来るならば、成長したといえるだろう。
    (投球フォーム)
     ノーワインドアップから始動する。左足は一本足で立ち、軸足で真っ直ぐ立つ事ができている。その後、三塁方向に足を伸ばしていき、重心を下げて、着地する。腰の落としは適度だ。その後、左腕のグラブを真っすぐ伸ばして、打者と正対し、やや開きが早い。

     以前はテークバックを大きく取って、やや体を反ってしまい、押し出していたが、目線の位置を真っすぐにして、反動は小さくなった。マウンドの傾斜を上手く使い、肘をしならせて真上から振り下ろすことができている。

     一年目と比べると癖は良くなり、ゆったりとした始動から、マウンドの傾斜を使い、勢いがある速球派右腕らしい投球フォーム。あとは決め球となる変化球を習得し、コーナーの制球力を極めていきたい。
    将来の可能性
     彼のような制球力が荒削りな右腕はレベルの高い環境では中々芽が出ずに、終わってしまうことが多いものの、彼も根気強く取り組んでようやく結果が出るようになってきた。まだオープン戦の段階で、なんともいえないところだが、これほどオープン戦で結果を残しているのならば、スポニチ大会では登板の可能性も十分にあり得そうだ。

     能力の高い投手が揃うかずさマジックにおいて球の速さならば一番の男が、実戦力を身につければ、間違いなく大きな戦力になる。2年ぶりの都市対抗出場へ向け、欠かせない存在である。
    情報提供・文:2012.03.03 河嶋 宗一

コメントを投稿する