選手名鑑

緒方 悠(大阪ガス)

緒方 悠

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

緒方 悠

所属チーム:
大阪ガス
所属都市:
大阪市
球歴:
鳴門第一
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
175cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     高校時代は徳島の怪腕として注目を浴びてきた逸材。大阪ガスの下でみっちりと鍛えられ、馬力のある140キロ台右腕に成長を遂げた。同じく3年目を迎える公文克彦と共に飛躍が期待される右腕である。

     私が見たのはJABA京都大会。3回途中で降板したものの、潜在能力の高さを示した内容であった。
    (投球内容)
    ストレート 144キロ
    常時130キロ後半~140キロ前半
    スライダー 120キロ前後
    フォーク 125キロ前後
    カーブ 100キロ前後
     
     ストレートはコンスタントに140キロを計時出来ており、スピード能力は中々だ。好調時ならば145キロ前後も計測出来る馬力は十分に備わっているだろう。だがそのスピードの割にヤマハの打者から振り抜かれている。この課題を乗り越えて、打ち取れる投手にならなければ、ドラフト候補として推すのは難しい。なぜ打たれているかというとストレートの制球力が甘いから。ヒットになった時のコースはいずれも甘いコース。打者にとって振り抜きやすいコースに集まっていくので、140キロ台の速球も活きていかない。ストレートは見せ球にして変化球で勝負していくべきだろう。

     変化球はスライダー、フォーク、カーブ。変化球の精度はまずまずのものがあり、ストライクに入れるだけの制球力はあるので、もう少し有効的に使っていきたい。この試合では変化球を痛打されることは少なかったので、ストレートと変化球のコンビネーションを絡んでいきながら、如何に打ち取る投球が出来るか。

     ランナーを出してから、テンポ・配球が単調になっているので、しっかりと修正していきたい。

     クイックは1.2秒前後と標準のクイックが出来ており、牽制もかなり鋭く、フィールディングの動きも悪くなく、投球以外の技術もしっかりしている。

    (投球フォーム)
     無理のない投げ方が出来ており、体の近くで腕を振ることが出来ており、コンパクトな軌道によってコントロールは安定しているが、まだ投球フォームに間がなく、下半身の粘りを欠くフォームなので、実戦的な部分に課題を残す。

     セットポジションから始動する。左足を勢いよく上げていき、右足の膝を適度に曲げてバランス良く立つ。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、重心を下げていき、適度に膝を曲げていき、真っすぐ踏み込む。左腕のグラブをしっかりと捕手方向へ向けて、左胸に抱え込んでいくが、フィニッシュ時に左腕が遊んでしまっている。

     開きはそれほど悪くない。ただ始動からフィニッシュまであまり間がないフォームなので、打者からすればタイミングは取り易く、打ち難さも感じないので、振り抜かれることが多い。特にランナーがいる時は着地の粘りがなく、打者の間合いに合わせて投げているため、せっかく140キロ台の直球を投げているのに、その威力を活かすことが出来ていない。
    将来の可能性
     馬力のある体型をしていて、好調時ならば145キロ前後は叩きだしてくれそうなストレートの勢いがあり、変化球も一通りそろっており、キレも悪くない。実績が付けば、ドラフト候補に上がるモノはある。ただ打者をどうやって打ち取っていくか。まだそれが見えない。特にランナーを出してからの投球に課題があり、彼がドラフト候補として注目されるのは1年後、2年後の月日を重ねることになると思う。それは何故かというと、松永 昂大、公文克彦とドラフト候補に上がる左腕が2人いるから。社会人は規則により2人以上指名される場合は会社から承認されなければならないが、まだ彼を送り出すのは早いと判断するのではないだろうか。

     この1,2年で大阪ガスのエースに成り上がり、確かな自信と実力を着けてくれることを期待したい。
    情報提供・文:2012.05.06 河嶋 宗一

コメントを投稿する