選手名鑑

武内 仁志(ヤマハ)

武内 仁志

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

武内 仁志

所属チーム:
ヤマハ
所属都市:
浜松市
球歴:
倉吉北 – 近畿大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
184cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     高校、大学時代からドラフト候補として注目されてきた本格派右腕。恵まれた体格・鋭い腕の振りから振り下ろす140キロ超の速球はヤマハ投手陣でも随一のモノがあるのではないだろうか。潜在能力は高くても、思うような実力を発揮出来ていないのはランナーが出てから粘り強さを欠く投球に精神面が課題だ。
    (球種)
    ストレート 146キロ
    常時140キロ
    スライダー 120キロ前後
    カーブ 90キロ前後
    フォーク 125キロ前後
    (直球)
     直球は中々の威力があり、ズシッと決まるストレートは重みがある。上体を鋭く振って角度良く振り下ろすので、押し込んで詰まらせることが出来ている。常時140キロ台を計時しており、好調ならば145キロ前後を計測出来そうな馬力が最大の魅力。この試合は146キロを計測。ヤマハ投手陣では最も力のあるストレートを投げ込んでいる。

    (変化球)
     変化球はカーブ、スライダー、フォーク。まず90キロのカーブは腕が緩む傾向が見られるが、余裕がある場面で投げている。緩急が使えていて、より速球が活きるので、完成度を高めていきたい。

    スライダーのキレはまずまずのモノがあり、しっかりとストライクを取れる制球力があるので、フォークも落差があって、中々使える球種だ。横・縦の変化が使える投手なので、三振も奪える投手だ。

    (配球)
     配球は外角中心にストレート、変化球を投げ分けていきながら投球を組み立てていく。余裕がある時はカーブを織り交ぜて緩急を付けることが出来ており、ストレート・フォークのコンビネーションが嵌った時は三振を量産出来る。嵌れば本格派らしい投球を見せてくれるが、相手打線が勢いに乗ってくると、それを凌ぐことが出来ないのが大きな課題。


    (クイックタイム・フィールディング)
     クイックは1.25秒前後と標準のクイック。フィールディングの動きも悪くない。牽制もしっかりと入れていく。
    (投球フォーム)
     体全体を使った勢いのある投球フォーム。

     ノーワインドアップから始動する。左足を勢いよく上げていき、右足の膝を適度に曲げていきながら、バランス良く立つ。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、重心を下げていき、インステップ気味に着地する。膝の開きを抑えることが出来ており、体の余計な開きを抑えることが出来ている。

     左腕のグラブを突き上げていきながら、テークバックを大きく取っていき、上体を鋭く腕を振っていく。縦回転の軌道で、身体に巻き付く感覚で、腕を鋭く振ることが出来ているので、140キロ台の速球を生むことが出来ているのではないだろうか。沈み込みが深く、捻りを入れているので、縦向きの変化球を習得しやすいフォームだろう。

     本格派らしい右オーバーハンドで、フォームで余計な引っかかりがなく、注文を付けるようなところがない。ただテークバックが大きく、踏み込んだ左ひざにぐっと体重をかけているフォームをしているので、体全体に負担がかけやすいので、故障には十分気をつけてほしい。
    将来の可能性
     投手としてのスケールの大きさ、速球の勢い、変化球のキレとプロのスカウトが注目したがる理由が分かる。ただこれほどのポテンシャルがありながらも、花が開かないのは、やはりランナー出てからの投球に改善が見られない点ではないだろうか。

     投手として能力はドラフト候補と見劣りする点はないと思っている。もっと攻めの気持ちというか、割り切って、自分の投球が出来る精神的な強さが欲しい。フェリペ・ナテルが注目されているが、彼と共にドラフト指名候補にあがる活躍を見せることが出来るか注目していきたい。
    情報提供・文:2012.05.06 河嶋 宗一

コメントを投稿する