2013年07月15日 東京ドーム

三菱重工横浜vs日本生命

第84回都市対抗野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

佐々木勉(三菱重工横浜)

三菱重工横浜、5番佐々木勉が逆転3ラン

 3回裏に1点を先取した日本生命だったが、その直後、4回表に三菱重工横浜の5番佐々木勉に3ランを放たれる。
 2点を追う日本生命は7回、5番廣本拓也が左前打で出塁すると、7番田中啓嗣、8番小林誠司、9番岩下知永の三連打で、同点に追いつく。
 しかし、8回表には、9番中西良太の右前打に、2番瀧 諒太が安打で続いて、3番竹内 啓人の犠飛で勝ち越しに成功。これが決勝点となり、3対2で三菱重工横浜が日本生命を下した。

(文=編集部)

都市対抗大会4日目のドラフト候補選手の分析レポートはこちら!
日本生命・柿田裕太、パナソニック・秋吉亮、Honda熊本・川嶋克弥をマーク!(ストップウォッチャー小関順二のドラフト候補 分析レポートより)

都市対抗大会4日目のドラフト候補選手も、このコラムでチェックしよう!

都市対抗特設応援サイト 更新中!

応援メッセージを投稿する