2013年07月22日 東京ドーム

JR東日本vs新日鐵住金かずさマジック

第84回都市対抗野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2本塁打放ったJR東日本の4番松本

JR東日本・4番松本が2本塁打!片山も完投完封

 JR東日本は初回、4番松本がレフトスタンドへの先制2ランを放ち、試合をリードする。
 新日鐵住金かずさマジックの先発・山川は、この2点を失っただけで、2回以降は立ち直り、5回までは粘り強いピッチングをみせる。
 一方で、新日鐵住金かずさマジック打線は、JR東日本の先発・片山を打ち崩すことができない。
 JR東日本は、9回に、新日鐵住金かずさマジックの2番手中根に代わった岡本を攻め立てる。
 二死一、二塁から、3番代打の齋藤が適時打。さらには、4番松本が、この日2本目の本塁打をライトスタンドに叩きこみ、3点を追加。6対0と、新日鐵住金かずさマジックを突き放し、JR東日本が勝利した。  

山縣選手のインタビューはこちらから


都市対抗大会のドラフト候補選手を、このコラムでチェックしよう!

都市対抗特設応援サイト 更新中!

応援メッセージを投稿する