2013年10月30日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

東京ガスvs東邦ガス

第39回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

遠藤一星選手(東京ガス)

 なんとか局面を打開しようと東京ガスは3回、初のランナーを出すと一死一塁で9番・岡澤 一生の4球目に、6回、二死一累では3番・遠藤の3球目に、7回、一死一塁では坂井の7球目にエンドランを敢行。

「展開が重かったんで仕掛けたんですけど、中々上手く行かなかったですね」

 それでも動じることなく淡々とアウトを積み重ねた。8回途中で降板するが、ピンチらしいピンチもほとんど無く、石川 歩を上回る好投を見せた。

 試合は、9回表に石川の右足に打球が当たるアクシデントが起こると、吉原 純平が東京ガスの2番手としてマウンドへ。0-0の緊迫した展開にも

「緊張はしたんですけど、自分の間で行けた」

 ときっちり仕事をこなす。するとその裏、先頭で打席に入ったのは遠藤。ストレートが2球続けてボール、変化球が1球決まってからの4球目、甘く入ったストレートを捉え人生初というサヨナラホームランをライトスタンドに叩き込んだ。

「4、5番にいいバッターがいるんでつなごうと思った結果がホームランになって良かった。2ボールから抜けた球が来たんで、2ボール2ストライクになってもいいから真っすぐだけを待ってました」

 と読みが的中した。

 僅差の試合をものにした東京ガス、次の試合へ向けての課題は1つ。

「打てない。詰めが甘い」と菊池監督が苦笑いを浮かべれば、遠藤も「相手が嫌がる攻撃をチーム全体で襲い掛かって行かないと」と話していた。層の厚い投手陣を擁するだけに打線の奮起次第ではさらなる強豪チームへと生まれ変わる。

(文・小中 翔太


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する