2013年10月30日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

日本生命vsセガサミー

第39回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

浦野博司投手(セガサミー)
北海道日本ハムファイターズからドラフト2位指名

 苦しい展開となったセガサミーだがキラリと光るプレーもあった。3回、8番・宮田が先頭バッターとしてヒットで出塁すると9番・乗替 寿朗のバントで二塁へ。すると続く1番・坂本 一将のサードゴロで好判断を見せる。サードが前進するほどでは無かったが打球は緩く、足の速い坂本 一将を確実に殺すためには自分の方をうかがう余裕は無いと見るやスタートを切り送球の間に三塁へ到達。目立ちはしないが隠れた好判断で、川端 裕也の先制タイムリーヒットへとつなげた。

 打線全体では計9安打とヒットは出ていたが効果的な1本は生まれず、2本の犠牲フライで点差をわずかに詰めるので精一杯だった。最後は日本生命の4番手・吉原 正平の前に川端 裕也がレフトフライに倒れゲームセット。1回戦で姿を消した。

 大会前にドラフトが行われるため指名された選手には当然注目が集まる。力みや気負いはあったかとの質問に柿田 裕太は「ドラフト後というよりもチームのために。1番はチームのために」とフォアザチームの精神を強調。プロに進むということは日本生命の赤いユニフォームを着るのは最後ということになるが小林も

 「最後という感覚が全く無い。夏の雪辱を果たすためにこの大会に懸ける思いが強い。1戦1戦力余すことなく全て出せたらいい」と話し、井上も「(自分ではなく)監督さんが最後という感覚がる。恩返しがしたい」と同調。

 アマチュアトップクラスの実力がありながら驕りや慢心の全く無い日本生命、改めてその強さを印象付けた。

(文・小中 翔太


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する