2013年11月01日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

JR東海vs室蘭シャークス

第39回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

瀬川 隼郎投手(室蘭シャークス)

 その裏、JR東海は先頭の9番・高廣が右中間を割るスリーベースヒットを放つ。「秋葉さんが頑張っていたんで。自分の役割はチャンスを作ること。その前のピンチでのファインプレーの流れに乗って打てました」と待望の先制機を演出。するとここまで無四球だった瀬川が1番・井上 裕貴に対してストライクが入らない。4球で歩き無死一、三塁。このチャンスに直前の守備でファインプレーをやってのけた佐藤大に打順が回る。

 しかし、青山監督は「うちは全員野球。総合力なんで」と代打・伊藤 暢啓を選択。2球目のスクイズで1点をもぎ取ると、その後三塁に進んだ井上がワイルドピッチで2点目のホームに生還した。

 援護を受けた秋葉は9回、先頭の代打・野島 裕太にヒットを許すが後続を断ち完封勝利。秋葉と瀬川の両左腕の投げ合いは、無駄なボールが少なく2人合わせても与死球2という好テンポで2時間5分のスピード決着だった。

 チームには初戦の固さ、難しさがあったそうだが投手戦の中、唯一の複数安打を放った高廣は「次はよそ行きの野球ではなく、自分達の野球が出来ると思う」と自信をのぞかせた。JR東海らしい野球とはバコバコ打っての大量点ではなく、スキを衝き相手の嫌がる攻撃をしかける野球。エンドランがファールになったように見えた場面でも、実は単独スチールのサインだったことも多いらしい。ということはこの日チームとして3つの盗塁を成功させたが、企画数は軽く倍以上。東海勢最後の砦は頂点目指してまだまだ走り続ける。

(文・小中 翔太


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する