2013年11月05日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

東京ガスvsパナソニック

第39回社会人野球日本選手権 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

秋吉亮(パナソニック)

 投手戦となったこの試合。石川は7回10奪三振で降板した。本人は
 「まだ投げたい気持ちはありましたが、チームが勝つことが第一なので」
 ただ捕手の山内は石川が限界であると感じ取っていた。
「7回ぐらいからボールが高めに上ずっていたので、そろそろかなと思っていました」
 東京ガスの菊池監督も限界を感じ取ったのか。8回から左腕の吉原 純平を登板。吉原は130キロ前半だが、ボールを動かす左腕で、打たせて取っていく。打線も秋吉を打ち崩せず、試合は延長戦へ。

 11回表、東京ガス濱田 政宣は二塁打。3番遠藤 一星は犠打、4番地引 雄貴は四球、5番黒田は高めに入る直球を打って、左前安打で1点を先制する。さらに6番岡澤 一生に代えて徳良 慎吾。左打者の岡澤から右打者の徳良に代えたということは右打者が攻略できるポイントと考えていたのだろうか。ここまで長打は浜田政、地引も右打者で、先制打の黒田も右打者。その読みは当たり、徳良は高めに入る直球を捉え、ライト線へ落ちる二塁打。これで地引が還り、2対0。大きな2点を入れた。秋吉はここで降板。10.2回を投げて13奪三振。東京ガスの投手陣に劣らない好投を見せたが、最後で東京ガス打線にとらえられた。

 吉原は二死一、二塁まで追い詰められるが、追いかけるパナソニック打線を凌ぎ、4強入りを決めた。東京ガスJR東日本パナソニックと強豪を下し、4強入り。ここまですべて3試合連続完封勝利。安定した投手力で勝ち進んでいる。次は勢いに乗っている新日鐵住金かずさマジックと対戦する。

(文・河嶋 宗一


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する