2013年11月05日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

三菱重工広島vs日本新薬

第39回社会人野球日本選手権 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

先制打を打った田中(三菱重工広島)

 試合は投手戦となったが、均衡が破れたのは6回表。二死から3番國本 剛志は右前安打、4番松原 匡志の四球で二死一、二塁。5番井口 晴樹の三ゴロを三塁手が二塁へ送球したが、これがセーフとなり、二死満塁となって、6番田中 友博が左中間を破る走者一掃の長打を放ち、一気に3点を先制する。

田中は愛知学院大学時代に神宮大会準優勝を経験している。当時からセンター方向へ鋭い打球を打ち返す打撃が魅力の選手だったが、今日も榎田を打ち崩し、先制点を入れた。さらにフットワークが軽快な守備も良い。

二死からの得点。中野監督は
「選手たちには二死から取れるよ!と声をかけていました。選手たちもそれぞれ声をかけていましたので、二死から取るつもりでした。またピンチでも流れを切れば、こちらの勢いになると思うので、ピンチ歓迎!と声をかけていました」
初回のピンチもポジティブに捉えていたのだ。ネガディブな気持ちにならず、チーム全体がポジティブな心境になっているからこそ、全国ベスト8まで勝ち進んだのだろう。

 そして森脇は5安打完封で、ベスト4進出を決めた。冒頭で述べた通り継投を考えていたと語る三菱重工広島の中野監督。2試合連続完封の鮫島を投げずに準決勝に勝ち進めたのは非常に大きい。またここから投手陣の起用がカギになるが
「投手起用を含めて、準決勝を迎えることに非常に楽しみにしています」
準決勝を向けての抱負を語った。次は富士重工業戦。チーム全体が自身に満ち溢れており、準決勝以降の戦いが楽しみだ。

(文・河嶋 宗一


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する