2013年11月07日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

新日鐵住金かずさマジックvs富士重工業

第39回社会人野球日本選手権 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
第39回社会人野球日本選手権特設サイト

抱き合うバッテリー

社会人野球2013ファイナルゲーム!
わずか1点で勝負が決まる!!

 9回表二死。新日鐵住金かずさマジックのマウンドはリリーフエース・岡本 健
 「前の3人(の投手)が0に抑えてくれたので、自分も絶対に抑える」。強い気持ちで、最後のバッターに対した。

 打席の富士重工業8番・唐谷良磨を2球で追い込む。
 3球目、145キロのストレートが外角高めに外れた。渾身の一球をあえてつり球にした岡本。勝負球は次だった。

 4球目、捕手・山縣 有輔のサインに頷いた。選んだ球は『スライダー』。外角へ見事にコントロールされ、唐谷のバットは空を切った。その瞬間、軽くマウンドで飛び跳ねて、ガッツポーズをした。

 「三振を狙っていたわけではなかったが、バッター集中の気持ちで、一球、一球投げようと思っていました」と最後の瞬間の気持ちを語った岡本。福岡ソフトバンクからドラフト指名され、社会人生活最後の試合で日本一を掴みとった。

 「夏の都市対抗大会でベスト4に終わり、目標である日本一に届かなかった。幸い、日本選手権出場が決まっていたので、そこで日本一を獲って笑いたいと(応援してくれる)皆さんが思っていたと思います。それが実現できてよかった」と市民球団を応援し続けてくれたファンにも感謝の気持ちを語った。

【次のページ】 新日鐵住金かずさマジックvs富士重工業(2)


応援メッセージを投稿する