2014年09月27日 仁川・文鶴野球場

チャイニーズタイペイvs日本

第17回アジア競技大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合の流れつかめず、日本大敗

 韓国・仁川で開催されている第17回アジア大会の準決勝、日本対チャイニーズタイペイ(台湾)の試合は、「1回裏の攻撃と、2回表の守りが全てだった」という日本代表の小島啓民監督のコメントのように、序盤で試合の流れをつかめなかったことで、勝負が決してしまった。

 台湾は、アメリカのマイナーリーグでプレーしている選手を軸に、横浜DeNA所属の陳冠宇、それに台湾の中でプレーしている選手で構成されている。客観的な戦力は、台湾が上であるのは確かだ。そうしたチームに勝つには、チャンスを確実にものにすることと、守りでミスをしないことが重要であるが、序盤は、その逆になった。

 台湾の先発はアメリカでプレーする胡智為。日本は胡の立ち上がりを攻め、2番多幡雄一(Honda)が右前安打、3番遠藤 一星東京ガス)が四球、4番林稔幸(富士重工業)の遊ゴロを台湾が失策し、一死満塁のチャンス。しかし6番藤島琢哉(JR九州)の四球による、押し出しの1点にとどまったことは、痛かった。

 日本の先発はセガサミーの横田哲。昨年の全日本大学野球選手権で上武大優勝の立役者となった横田は、無難な立ち上がりをしたものの、2回表につかまる。

 この回、台湾の先頭4番陳俊秀が左前安打。続く5番蒋智賢も右前安打を打つと、日本の右翼手林は一瞬処理をミスする間に、陳は三塁に進み、無死一三塁。続く王栢融は併殺コースの一ゴロ。しかし一塁手遠藤からの送球を、遊撃手倉本寿彦(日本新薬)が落球。陳が生還して、台湾が先制した。日本にとっては、ミス絡みの1点が痛かった。続く2人は捕飛に抑えたものの、9番潘志芳がライトオーバーの三塁打を放ち、二者が生還。

 さらに安打が続き、3番郭厳文がとどめとなる3ラン本塁打を放ち、台湾はこの回一挙に7点を入れた。

【次のページ】 チャイニーズタイペイvs日本(2)


応援メッセージを投稿する