2014年11月01日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

ヤマハvs七十七銀行

第40回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

速球派左腕・竹下真吾(ヤマハ)

 竹下は1番から始まった七十七銀行の8回の攻撃を2つの三振を奪い3人で抑える抜群の滑り出し。9回も4番・中井隆盛をキャッチャーファールフライに打ち取り先頭打者の出塁を許さない。しかし、5番・清野友仁に追い込みながらもセンター前に運ばれると二死後、平凡な内野ゴロをショートがつかみ損ねエラー。二死一、二塁から途中出場の舟田博紀には粘られてフォアボール。1点リードの9回裏、二死満塁のピンチを背負い、カウントが3ボール1ストライクになっても捕手の川邉は冷静だった。「普通に打たせてニアベースでゲームセットなんで。竹下も3-1になって開き直ったと思う」見逃しのストライクでフルカウントに持ち込むと最後はインコースに決まるストレートで空振り三振。

 竹下は昨年の日本選手権でもリードした終盤にマウンドに上がったが、いきなりホームランを打たれチームもそこから逆転を許しまさかの初戦敗退。1年経った京セラドームのマウンドには右島監督が「去年とは違う」と認めるリリーフエースの姿があった。負けん気の強い性格だという速球派左腕がプロ入り前最後の大会でこの先もゲームセットを決めるクロスファイアを投げ込むはずだ。

(文=小中 翔太)

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

応援メッセージを投稿する