2014年11月01日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

トヨタ自動車vs日本新薬

第40回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

春に続く完封勝利

2安打完封勝利を収めた佐竹功年(トヨタ自動車)

「完敗ですね。左(打者)ズラッと並べて対応しようとしたけど1枚も2枚も上手でした」

 試合後の日本新薬・岩橋監督の第一声が全てを物語っていた。トヨタ自動車先発・佐竹功年の前にわずか2安打で無得点。1番・福田泰平が複数安打を放ったがチームとしては6イニングで三者凡退。攻略の糸口さえほとんどつかめなかった。実は半年前にも対戦しその時にも完封を許している。春にJABA京都大会でも対戦した両チーム、先発はこの日も同じくトヨタ自動車が佐竹で日本新薬が榎田宏樹。結果は1-0でトヨタ自動車が勝利した。日本新薬はリベンジを果たすべく7人の左打者がスタメンに名を連ねたが打ち崩すことは出来なかった。

 佐竹は足を上げた後、右手をほとんど下ろすことなくすぐに右耳の後ろに持ってくる非常に小さなテイクバックからキレのあるストレートをコーナーに投げ込む。立ち上がりに一死二塁のピンチを背負うが日本新薬の主軸を抑えると、そこから16者連続アウト。6回二死まで1人のランナーも許さず全く付け入る隙を与えなかった。

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【次のページ】 トヨタ自動車vs日本新薬(2)


応援メッセージを投稿する