2014年11月07日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

パナソニックvsJFE西日本

第40回社会人野球日本選手権 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

久々のスタメンで2打席連発

本塁打を2本放った柳田一喜(パナソニック)

 スタメン出場を知ったのはアップを終えてベンチに戻ってきた時だったという。久々の公式戦先発出場となったパナソニック柳田 一喜が2打席連続本塁打と大仕事をやってのけチームを勝利に導いた。

 パナソニックは初回にいい形で先制する。1番・横田拓也がヒットで出塁し2番・大江伸宏が送りバントを決め一死二塁。3番・森志朗はセンターフライに倒れたが、4番・梶原康司がセンターの右を越えるタイムリースリーベースを放ち1点を先制。そして2回、二死で打席に立った8番・柳田がJFE西日本先発・藤谷修平のストレートを叩く。「行かないかなぁと思っていたんで必死に走っていました」という当たりはそのままレフトスタンドに飛び込んだ。

 さらに同じく二死で迎えた4回の第三打席では3回からマウンドに上がったJFE西日本の2番手・陶山大介のスライダーをジャストミート。「スライダーがいいピッチャーだとわかっていたので狙っていました。2打席目は行ったなと思いました」としっかり手応えのある打球を再びレフトスタンドに運んだ。

打ったのはどちらも1ボールからの2球目。狙い球を一振りで仕留め、社会人では自身初となる2打席連続のホームラン。23回目となる大会タイ記録で伝統ある日本選手権にその名を刻んだ。

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【次のページ】 パナソニックvsJFE西日本(2)


応援メッセージを投稿する