2015年10月30日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

大阪ガスvs三菱重工長崎

第41回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

元プロv.s来年のドラ1候補

4安打完封の好投を見せた酒居 知史(大阪ガス)

 元巨人の加治前 竜一、元阪神の野原 将志を擁する三菱重工長崎打線と大阪ガスのエースで来年のドラフト1位候補・酒居 知史がぶつかった。結果は酒居が4安打無四球完封と見事なピッチングで圧勝した。

酒居は三菱重工長崎の1番・河野 凌太を145km/hのストレートで見逃し三振に仕留めると2番・鶴田 翔士、3番・堀 太樹を外野フライに打ち取り初回を三者凡退。
エースが抜群の立ち上がりを見せた大阪ガスは初回にエラーとフォアボールでランナーを2人ためると5番・伊藤 諒介が一二塁間を破る2点タイムリー。ヒット1本で2点を先制した。

 その後も酒居の好投は続く。加治前の第1打席は145km/hのストレートを打ち上げセカンドフライ。野原の第1打席もストレートを捉えられずセンターフライ。
打ったのは加治前が1ボール、野原が1ボール1ストライクと狙い球でなければ見逃してもいいカウントだった。

ストレート待ちをしている元プロでも仕留められないストレートをジャストミートすることは難しく、三菱重工長崎打線は5回までわずか1安打。序盤はカウント球も結果球もほとんどがストレートだったが、中盤にかけてはストレートでカウントを稼がれ低めの鋭い変化球に空振り三振を喫する場面が増えていた。

【次のページ】 大阪ガスvs三菱重工長崎(2)


応援メッセージを投稿する