2015年11月03日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

日本通運vsJR北海道

第41回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤の4点を守り日本通運が初戦突破

福田清将(日本通運)

 高~く上がったショート後方へのフライをショート・嶋田 源太郎、レフト・浦島 忠義も捕れず。1回表にマズイ守備をしてしまったJR北海道だが、その裏、2番・丹澤 賢、3番・浦島、4番・野澤 尚の3連打で1点を先制。

 しかし直後の2回表に日本通運の9番・酒井 亮タイムリーを打たれ同点を許す。3回にも一死から先発・清原 雄貴がフォアボールを与えると2番手・塚野 廉がマウンドへ。しかし、藤嶋 宏俊に勝ち越しタイムリーを打たれると福田 清将の打球はレフトオーバーの2点タイムリースリーベース。点差が3点差に開くと3回にして早くも3人目の投手・戸田 公星をマウンドが上がる。

 後続を断ち追加点を防いだ戸田は荒れた試合になりそうな流れを遮断し、見事なピッチングで試合を作り直す。4回一死二塁も凌ぎ、5回は三者凡退。6回に死球を1つ与えただけでノーヒットに抑えると7回、8回も三者凡退。この展開に危機感を持っていたのが3点リードしていた日本通運の藪 宏明監督。

「3点取った以降の攻撃がダメ。もう少ししぶとくいかないと。特に9回表はあっさり。それが若さかな」4回途中から8回まで16人続けてノーヒット。9回表も先頭の飛ヶ谷 和貴が2球目にセーフティバントを試みるも失敗、2人目の酒井は初球を打ってショートゴロ。わずか3球で二死となったことでこの回3人目の手銭竜汰には「待て」のサインを送った。しかし少しでも長く攻撃を、という願いは通じず三者凡退に終わる。

【次のページ】 日本通運vsJR北海道(2)


応援メッセージを投稿する