2015年11月03日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

日本通運vsJR北海道

第41回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

代打・本間篤史(JR北海道)

 するとその裏、8回からマウンドに上がり2イニング目に入った井口 拓皓が先頭打者に四球を与えてしまう。攻撃の流れからピンチになりそうな予感があった藪監督は一旦間を取るためすかさずマウンドへ。

 しかし、JR北海道の5番・大東 憲司にライト前ヒットを打たれ、続く齋藤 秀之を歩かせる。一死も取れぬまま同点のランナーを出してしまったがルール上もう藪監督はマウンドに行くことは出来ない。投手交代の準備はしていたがストライクは取れていた井口を続投させた。7番・嶋田 源太郎を三振に打ち取り、柴草 健太の内野ゴロの間に1点を失うがなんとか二死までこぎつけた。

 ここでJR北海道の狐塚 賢浩監督は頼りになる打者・本間 篤史を代打に送った。本間は数日前に行われたオープン戦でツーベースを放った際に右太ももの肉離れを起こしこの日はベンチスタート。「チャンスで行く」そう言われてスタンバイしていると2点を追う9回裏、二死二、三塁と一打同点の場面で出番がやって来た。

 打席に立った本間はバッターボックスの1番後ろで腰をグッと落としグリップの最上部に手が届くほどバットを短く持つ。高校時代は駒大苫小牧の4番打者として甲子園で活躍し長距離打者としてのイメージが強いが、都市対抗が終わってからはコンパクトに、センター中心の打撃に切り替えた。モデルチェンジの時間としてはかなり短いが亜細亜大4年時にもバットを短く持っていたため違和感無く出来たという。しかし、結果は伴わず。ストレートに差し込まれた打球は力無いフライとなりファースト・関本 憲太郎のグラブに収まった。

 勝った日本通運は次戦で好投手を擁するNTT東日本と対戦する。

(文=小中 翔太)


応援メッセージを投稿する