2015年11月06日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

三菱重工神戸・高砂vs伯和ビクトリーズ

第41回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

4人の継投で伯和ビクトリーズが完封勝利

守安玲緒(三菱重工神戸・高砂)

 両先発が最高の立ち上がりを見せた。伯和ビクトリーズの先発・椙山聡哉は下手投げに近いサイドスロー。90km/h前後のスローカーブも織り交ぜ初回を三者凡退。三菱重工神戸・高砂の先発・守安玲緒もきっちり低めを突き1人のランナーも許さず。静かに始まった試合で最初にチャンスをつかんだのは三菱重工神戸・高砂。3回に那賀裕司のヒットと椙山のボーク、森山誠の送りバントで一死三塁とする。この先制機に9番・渡邊祥平の初球にスクイズ。しかし、これがファーストファールフライとなりスタートを切っていた三走・那賀も帰塁出来ず。小技で先制点を狙ったが失敗に終わった。

 するとピンチを1球で凌いだ伯和ビクトリーズはその裏、二死から9番・後藤 大輝、1番・横山亮太、2番・河野祐助の3連打で1点を先制。リードをもらった椙山は約40km/hの球速差でタイミングを外し三菱重工神戸・高砂の各打者に自分のスイングをさせず打たせて取る。5回まで2安打に抑えていた椙山が6回先頭の9番・渡邊にヒットを許し、打席に左打ちの1番・石上輝幸を迎えると左腕・川野友耀がマウンドへ。

 川野は178㎝、95㎏の体型ながら器用で牽制もうまい。石上の送りバントで一死二塁となり右打者が続く場面では右腕の池原 有に交代。ヒットとライトフライで二死一、三塁となり左打ちの池田隼人を迎えると東監督は右サイドスローの佐原圭亮をマウンドに送る。「こういう展開なので。守安君相手に簡単に点は取れないと思ってましたので」好投手から1点を奪うと小刻みな継投で虎の子の1点を守りに行く。ショートリリーフを2人はさんで大事な場面を任された佐原は池田を145km/hのストレートでピッチャーゴロに打ち取りピンチ脱出。7回も三者凡退に抑えた。

【次のページ】 三菱重工神戸・高砂vs伯和ビクトリーズ(2)


応援メッセージを投稿する