第128回 藤浪晋太郎が倍増で1億7000万で契約更改!2015年12月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 セーブ・歴代7位の馬原孝浩が現役引退を決める/ 4位 巨人がMLB通算122発のジョーンズと契約
3位 元ヤクルトのバーネットがレンジャースと契約!/2位 元中日のルナと広島と契約合意!
1位 藤浪晋太郎が倍増で1億7000万で契約更改!

3位 元ヤクルトのバーネットがレンジャースと契約!

元ヤクルトのバーネットがレンジャースと契約!

 12月11日、読売ジャイアンツは前ロッテのルイス・クルーズ選手と2年契約を結んだことを発表した。

 東京ヤクルトの優勝の立役者の1人といっていいバーネット。近年、投手陣に不安を抱えていたが、クローザーとして素晴らしい働きを見せた。バーネットはなんと6年間もヤクルトに在籍しており、燕戦士。2010年は先発として4勝5敗、防御率5.99と大荒れの数字。普通ならば、戦力外になっていてもおかしくない成績だが、残留。バーネットは2年目から活躍し、2年目は48試合に登板し、防御率2.68と大ブレイク。そして2012年はクローザーに定着し、57試合に登板し、33セーブを挙げ、防御率1.82と素晴らしい成績を残したが、2013年は防御率6.02、2014年は防御率3.34と好不調の波が激しかった。

 このままではいけないと感じたのか。マウンドの立ち居振る舞いが変わった。投げるまでは冷静だが、三振を奪えば、雄叫び。まるで挑発をしているかのような感じにも見えるが、強気なマウンド捌きを見せるようになったバーネットは、今季59試合に登板し、41セーブ、防御率1.29と日本にきてキャリアハイの成績を残し、リーグ優勝に貢献した。

 数字が悪くても自分を残してくれたヤクルトには恩義がある。だけど、自分自身、メジャーに挑戦したい思いは捨てきれない。バーネットはポスティングで移籍希望。入札金が球団に入って、自分もメジャー入りが決めればお互いもハッピーになるということだったが、その願いはかなわず入札なし。だがヤクルトは自由契約でバーネットのMLB入りを後押しした。こうして6年間の課程を経て、一投手として大きく成長したバーネット。活躍することがヤクルトへ最大の恩返しとなるだろう。

<トニーバーネット選手の経歴>
東京ヤクルトスワローズ (2010年-2015年)-テキサス・レンジャーズ (2016年-)

2位 元中日のルナと広島と契約合意!

12月18日、広島東洋カープは前中日のエクトル・ルナ選手と契約を交わしたことを発表した。

元中日のルナと広島と契約合意!

  どちらに転ぶか。打撃技術はリーグ屈指のものがあるが、ケガ気味だったルナ。2013年はケガもあり、出場は85試合に出場し、打率.350、9本塁打、51打点とフル出場さえすれば、首位打者も狙える数字だった。そして2014年は127試合に出場し、17本塁打、73打点、打率.317と好成績を残したが、2015年は134試合、8本塁打、60打点、打率.292と文句なしの残留と推せるほどの数字ではなかった。また三塁手として守備率.953はやや不安。高額な年俸もあり、今季限りでの退団が決まった。

 広島は三塁手が固定されていない状況。2014年のような活躍ができれば、広島にとっては大万歳といっていいだろう。広島は外国人7人体制と不調ならば、すぐに二軍落ちになる状況も大きいといっていいだろう。球団が変わっても打撃力の高さを発揮できるか注目だ。

<エクトル・ルナ選手の経歴>
-セントルイス・カージナルス (2004 - 2006)-クリーブランド・インディアンス (2006)-トロント・ブルージェイズ (2007年-2008年)-フロリダ・マーリンズ (2010年)-フィラデルフィア・フィリーズ (2012年)-中日ドラゴンズ (2013年-2015年)-広島東洋カープ (2016年-)

このページのトップへ

【次のページ】 1位 藤浪晋太郎が倍増で1億7000万で契約更改!


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「若手が育つ球団になるには今季もスケール重視でいくべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
第1回 一番高卒プロを輩出している学校はどこだ?【知って得するドラフト豆知識!】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム