ウィークリートップ5

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第10回 【8月26日-9月1日】歴史を次々と塗り替える高卒新人・藤浪晋太郎に迫る!2013年09月02日

【目次】
[1]5位 東北楽天のルーキー則本が球団新人最多の12勝! / 4位 千葉ロッテ躍進の立役者・ルーキー松永に迫る! 
[2]3位 バレンティンが52号! 勝負の9月入り! / 2位 巨人・西村健太朗が球団日本人最多の33セーブ!巨人の抑えに求められるものとは?
[3]1位 藤浪晋太郎(阪神)が46年ぶりの高卒1年目10勝!

 『WEEKLY TOP5』では、ベースボールドットコム編集部が独断で選ぶ今週の野球界の注目ニュースを一挙紹介!今週は記録を更新した男、記録に迫る男たちにピックアップ! それでは8/26~9/1の一週間の一押しニュースを要チェック!

5位 東北楽天のルーキー則本昂大が球団新人最多の12勝!

 8月29日(木)、東北楽天の則本 昂大投手が行われたオリックス戦に先発し、7回10奪三振2失点の好投で12勝目。田中 将大の11勝を抜き、新人最多投手となった。

 現在、首位を走る東北楽天は開幕19連勝を上げている田中の存在抜きには語れないが、彼一人だけでは首位はないわけで、その他に勝ち頭がいないと無理である。田中に続く勝ち頭となっているのが東北楽天の則本 昂大だ。12勝目を上げた。8月後半になっても彼の直球は衰えず、最速148キロを計測。

 好調時は150キロを超える直球、鋭く落ちるスライダー、チェンジアップ、カーブ。さらに真っ向から振り下ろすオーバーハンド。大きく胸を張って、鋭く腕を振り下ろすため、打者からすればかなり打ちにくい。また物怖じせずに自分の武器を投げ込んでいく度胸の強さも魅力である。彼は度胸の強さが見えてきたが、プロの打者との対戦を重ねたことで、勝てる投球を覚えつつある。楽天の新人投手の記録を更新する男が出てきたのは東北楽天にとっては喜ばしいことだろう。

 これからは田中以外の若手投手が東北楽天を支える時代が来る。則本も今年だけではなく、長きにわたって活躍しなければならない投手と期待されることだろう。目指すからには一軍定着している間は10勝以上を続けて欲しい。10勝以上を5年、10年と続けることができれば、東北楽天のエースと呼べるに相応しい投手になっていることだろう。

4位 千葉ロッテ躍進の立役者・ルーキー松永に迫る! 

松永 昂大(2012年都市対抗 パナソニック補強選手)

 8月30日(金)、千葉ロッテマリーンズの松永 昂大投手が北海道日本ハム戦に先発し、5回1失点の好投で、3勝目を挙げた。

 先発投手として勝ち星を挙げたが、ここまで実績を上げているのは中継ぎ投手としてである。松永の中継ぎ投手としての功績を振り返っていきたい。現在、2位を走る千葉ロッテ。千葉ロッテの快進撃の立役者の一人だと思う。なぜ彼が千葉ロッテの活躍の鍵を握っているかというと千葉ロッテの最大のネックであった左の中継ぎ陣の穴埋めをしっかりと果たしているからである。

 千葉ロッテは中継ぎ左腕が手薄なチームであった。昨年の千葉ロッテの中継ぎ左腕の最多登板は中後 悠平(近畿大)の27試合だった。そのため昨年のロッテのドラフト展望では左の即戦力投手を獲得すべきと述べた。松永はうってつけの投手であった。

 松永は関西国際大学時代からドラフト候補として注目され、関西国際大学時代にも投球を見ているが、出所が見難い左サイドから140キロ台の速球、キレのあるスライダーを投げ分け、大卒からプロ入りしても良かった投手であると思う。大阪ガス時代は2年目(2012年)の都市対抗ではパナソニックの補強選手として出場。JFE西日本戦は最速148キロのストレートとスライダーを軸に7回無失点の好投。左の変則的なフォームで、最速148キロのストレート。球速はさらに速くなり、社会人レベルでは打ち崩せない投手になっていた。ドラフトではオリックス、千葉ロッテとの競合となり、見事に引いて松永のロッテ入りが確定した。松永は現在リーグ2位の30ホールドポイントで、トップに走る佐藤 達也(オリックス)とは3つとの差だ。

 今年は服部 泰卓が35試合に登板し、防御率3.48、2011年ドラフト1位の藤岡 貴裕も先発から中継ぎに転向し、先発投手序盤KOのロングリリーフ役を務めている。こういう役割が出来るのも松永の存在があるからだ。

 千葉ロッテは先発投手で規定投球回に達しているのは唐川 侑己西野 勇士の2人しかいない。1週間で6人もまわすローテーションでイニングを計算出来る投手が2人しかいない。どれだけ苦しいか理解出来るだろう。その中で千葉ロッテが2位にとどまっているのは松永を始めとした中継ぎ陣の存在は無視できないだろう。

 首位楽天と2位千葉ロッテとのゲーム差は3.5差で十分に逆転出来る可能性は持っている。逆転するために松永を筆頭に勝利を導く投球を見せる。

このページのトップへ

【次のページ】 【8月26日-9月1日】歴史を次々と塗り替える高卒新人・藤浪晋太郎に迫る!(2)


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「若手が育つ球団になるには今季もスケール重視でいくべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第128回 藤浪晋太郎が倍増で1億7000万で契約更改!【Weekly TOP5】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラム