ウィークリートップ5

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第12回 【9月9日-9月15日】ついに来た!バレンティンがアジア新記録の57号!!2013年09月16日

【目次】
[1]5位 野村祐輔(広島東洋カープ)がプロ初の10勝! / 4位 前田健太(広島東洋カープ)がセ・リーグ最多タイの14勝! 
[2]3位 まさに鉄人!中日の岩瀬仁紀が15年連続50試合登板達成! / 2位 中田翔(北海道日本ハムファイターズ)の三塁再転向!背景を成績から探る
[3]1位 バレンティン アジア新記録の57号!

3位 まさに鉄人!中日の岩瀬仁紀が15年連続50試合登板達成!

 9月10日(火)は中日の岩瀬仁紀投手が阪神戦に登板し、今季50試合目。15年連続50試合登板を達成した。

 プロ野球は、15年送れば素晴らしいが、50試合登板を15年を続けるのはとても想像出来ない。最低でも750試合以上は投げている計算である。

 現在の岩瀬の登板数は853試合。4位の小山正明の856試合まであと3試合。おそらく今シーズン中にシーズン4位に躍り出ることは確実だろう。プロ野球の通算登板記録は米田 哲也(阪急)の949登板である。岩瀬がこのまま年間50試合登板ペースを続けていけば、2015年に達成する予定である。

 プロ野球の中継ぎ・抑えというのは体を酷使する仕事だ。その酷使度は先発投手を超えるかもしれない。なぜならばセットアッパークラスになると50試合~70試合も登板する。70試合もなれば、年間の2分の1を投げる。そして登板する試合以外でも準備をする試合があることを考えると、1年中ブルペンにいるようなものだ。

 そして登板する状況というのは逆転を許してはならない、先発投手の勝ち星を消してはならない緊張感のある中で投げなければならない。それを1年間続ける。精神的にも、肉体的にも、疲弊をする。勤続疲労の影響で、翌年以降、クオリティが落ちるパターンはとても多い。これはプロ野球投手にとって避けては通れない道である。それだけ1年通して投げる仕事を継続するのはとても過酷なことである。だが岩瀬は打たれることはあっても、50試合登板は継続した。それも15年を継続出来る岩瀬の自己管理は見習うものがある。

 岩瀬は登板数とともに積み上げた数字がある。それがセーブ数である。2004年から中日のクローザーとなった岩瀬は9月15日(日)の横浜DeNA戦で今シーズン35セーブをあげた。これで通算381セーブ。佐々木主浩の日米通算381セーブに並んだ。既に日本記録を樹立している岩瀬だが、真の意味で日本人の記録を樹立するセーブ投手になる。

 セーブ数は日本記録を更新し、さらに無人の野へ行く岩瀬。登板数も30年以上破られることがなかった米田哲也の記録もあと100試合を切っている。改めて歴史を塗り替える投手をリアルタイムで見られることに幸せな思いだ。1試合ずつ積み重ねて、記録に並んで欲しい。

2位 中田翔(北海道日本ハムファイターズ)の三塁再転向!背景を成績から探る

中田翔選手(北海道日本ハムファイターズ)

 9月12日(木)、北海道日本ハムの中田翔選手が三塁に再転向することが判明した。今季、パ・リーグ本塁打タイトル1位(28本)に走る主砲は来季、4番サードとしてプレーすることになりそうだ。

 中田 翔インタビュー)がサードへ転向。2年連続のリーグトップの捕殺を記録し、鉄壁の日本ハムの外野守備を支えていた男にサード再転向。プロ1年目の中田はサードからのスタート。ただ送球難で一塁に専念し、出場機会を増やすために外野手に転向。そして今はリーグを代表する強打の外野手へ成長した。

 中田の三塁転向の経緯。球団フロント、栗山監督が次世代の強打の三塁手として育成したいという思いがあるようだ。数字的な側面を見ると、正三塁手の小谷野 栄一(右打ち)が33歳の高齢であること。小谷野を脅かす一軍、二軍を含めて強打の若手三塁手が不在であることだ。

 33歳の小谷野は年齢的に飛躍的な成長は望めない。そして本塁打は今季3本。現在、不動のサードであるが、中田がサードへ加わることで、小谷野に刺激を与える意味合いもあるだろう。他には35試合に出場した飯山 裕志(右打ち)、24試合に出場した今浪 隆博(右打ち)もいるが、彼らは守備を売りとする選手である。ファームでもこの選手がすぐに台頭するだろうという選手はいない。強打の三塁手としてみると1年目の宇佐美 塁大(右打ち)になるが、一軍に戦力になるまでには時間がかかるだろう。小谷野を脅かす実力ある若手三塁手不在が、中田のサードコンバートのきっかけにもなったと考えられる。

  一方で、外野手は若手中心に期待の外野手が多い。二刀流の大谷 翔平(左打ち)、24試合に出場、2本塁打、打率.286。成長中の高卒7年目の佐藤 賢治(左打ち)、ファームに100試合に出場し、12本塁打、53打点を記録した2年目の石川 慎吾(右打ち)、85試合に出場し、打率.277、5本塁打、石川に次ぐ120塁打(石川は180塁打)を記録する同じく2年目の谷口 雄也(左打ち)と日本ハムは期待の若手外野手が出てくるのだ。一つポジションを与えて、競争を促す狙いがあるだろう。そして新外国人でも穴埋めができる。内野手のホフパワーが退団し、外国人野手は0名。中田がサードコンバートとなれば、外国人野手は外野手の獲得の可能性が非常に高い。中田のサード転向はチーム力を大きく向上させるまたとないチャンスである。

 中田が強打の三塁手として活躍し、佐藤、石川、谷口が伸びれば、球団フロントの思惑通りになる。中田が外野手だけではなく、三塁手もしっかりと守れて、さらに本塁打王のタイトルも狙える選手になれば、選手としての幅も大きく広がるだろう。ぜひ来年はこのコンバートが成功して欲しい。来年の日本ハムは中田と一軍の活躍に燃える若手外野手の活躍にも注視していきたい。

【次のページ】 【9月9日-9月15日】ついに来た!バレンティンがアジア新記録の57号!!(3)


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第123回 プレミア12 日本が首位で準々決勝進出!【Weekly TOP5】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野村 祐輔(広陵) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラム