ウィークリートップ5

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第12回 【9月9日-9月15日】ついに来た!バレンティンがアジア新記録の57号!!2013年09月16日

【目次】
[1]5位 野村祐輔(広島東洋カープ)がプロ初の10勝! / 4位 前田健太(広島東洋カープ)がセ・リーグ最多タイの14勝! 
[2]3位 まさに鉄人!中日の岩瀬仁紀が15年連続50試合登板達成! / 2位 中田翔(北海道日本ハムファイターズ)の三塁再転向!背景を成績から探る
[3]1位 バレンティン アジア新記録の57号!

1位 バレンティン アジア新記録の57号! 


 9月15日(日)、東京ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手が阪神戦で56号、57号ホームランを放ち、同日に日本記録とアジア新記録を達成した。

 台風18号の影響で、朝から大雨。それにより関東のアマチュア野球は中止。プロ野球も中止だと思っていた。昼過ぎになると雨はやんで、晴れ間が見えていた。なんとプロ野球が開催出来たのである。バレンティンのホームランを見ようと明治神宮野球場は大勢のファンで埋まった。

 ヤクルトは1点を先制し、なおも一死二塁の場面でまわってきた。投手は榎田。カウントは1ストライク2ボールからであった、高めに浮いた真ん中高めの直球。今までバレンティンがホームランにしてきた絶好のコースであった。振り抜いたバレンティンはホームランを確信し、両手を挙げた。打った瞬間、一塁側のヤクルトファンも総立ち。打球は左中間スタンドへ飛び込み、プロ野球記録となる56号を達成したのだ。あれほど陽気で打ち出すと止まらないバレンティンでさえも55号を打った9月11日から3試合足踏みが続いていた。それだけプレッシャーのかかる56号であったのである。

 56号を打ってからはバレンティンのもの。第2打席では2ボールからだった。低めのスライダーを振り抜き、レフトポール際へ打ち込むホームラン。57号は2003年にイスンヨプに記録した56号を抜き、アジア新記録となった。バレンティンは同日に日本新記録とアジア新記録を樹立したということになる。

 日曜日で、ヤクルトファンが見守る本拠地の明治神宮野球場にホームランを放つ。なんてかっこいい男であろう。野球ファンの夢であった55号超えをついに果たしてくれた。残り18試合。4打席と換算すると、あと約72打席ある。72打席の間にどれだけ本塁打を量産するだろうか。誰も追いつかれないような記録を残してもらいたい。

このページのトップへ


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第123回 プレミア12 日本が首位で準々決勝進出!【Weekly TOP5】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野村 祐輔(広陵) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラム