第75回 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!2014年12月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ウィークリートップ5

 今週のWeekly TOP5!
 この日は表彰関係で大きく盛り上がった1週間でした。12月に近づくにつれて、各球団の動きも激しくなります!11/24~11/30の中からピックアップした5つのニュースをチェック!

※NPBの選手成績はシーズン終了後の成績です。

【目次】
5位 日本ハムの小谷野栄一がオリックス入り/4位 横浜DeNAの主砲・ブランコが自由契約
3位 セ・リーグの新人王は大瀬良大地、パ・リーグの新人王は石川歩/2位 高校野球でタイブレーク制度が導入される
1位 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!

5位 日本ハムの小谷野栄一がオリックス入り

日本ハムの小谷野栄一がオリックス入り

 11月27日(木)、オリックスがFA宣言していた北海道日本ハムファイターズの小谷野栄一選手の獲得を発表した。

 2007年からレギュラーを獲得し、2007年、2009年、2012年のリーグ優勝に貢献した小谷野といえば、勝負強さがウリ。2010年に打点王を獲得したように、本塁打10本前後だが、ここぞという場面で強さを発揮。さらに堅実な守備と非常に貢献度が高い選手だった。

 しかし近年は本塁打も一桁台に。また若手選手の台頭もあり、今季は84試合とレギュラーを獲得してからは最低の試合出場数。それでも打率.296と存在感を示していた。だが北海道日本ハムは若手選手の台頭が著しく、球団も、若手選手を優先して抜擢する傾向にあった。そのままでは厳しいと感じていたのだろう。小谷野は新たな環境で、競争したいという思いで、移籍を決断した。

 オリックスの三塁手のレギュラーは141試合出場のヘルマン。来年37歳を迎えるヘルマンは、打率.250、7本塁打、52打点、30盗塁と走れる選手。そんなヘルマンに勝つには勝負強さと堅実な守備で存在感を示すことだろう。

<小谷野 栄一選手の経歴>
創価-創価大-北海道日本ハムファイターズ(2003年-2014年)-オリックスバファローズ(2015年)

4位 横浜DeNAの主砲・ブランコが自由契約

横浜DeNAの主砲・ブランコが自由契約

 11月29日(土)、横浜DeNAはブランコ内野手を保留選手名簿から外した。それによりブランコの自由契約は決定的となった。

 2013年、打率.333、41本塁打、136打点と二冠王を獲得したブランコだが、今季は故障に苦しみ、85試合出場にとどまり、17本塁打、60打点、打率.283と昨年より下回る数字だった。とはいえ、これまで日本で6年間プレーして、30本塁打以上が3回のパワーヒッターである。引く手あまたの選手であり、ケガが完治し、1年間プレー出来る状態であれば、打撃タイトル上位に名を連ねる選手である。 

 そんなブランコに手を上げているのが、オリックスだという。今季32本塁打のペーニャは残留交渉を行ったがまとまらずに、保留名簿から外れ、自由契約に。ブランコにクリーンナップを担ってもらいたい考えがあるのだろう。もしブランコの獲得に成功すれば、ペーニャの退団で、穴をしっかりと埋めることが出来る。

 今後のブランコの去就が見逃せない。

このページのトップへ

【次のページ】 3位  セ・リーグの新人王は大瀬良大地、パ・リーグの新人王は石川歩/2位 高校野球でタイブレーク制度が導入される


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ「華のある選手を指名するべき」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第8回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ「今回のドラフトで太い柱となる選手を指名できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
大瀬良 大地(長崎日大) 【選手名鑑】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
創価 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
長崎日大 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
滑川 【高校別データ】
滑川 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム