第75回 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!2014年12月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
5位 日本ハムの小谷野栄一がオリックス入り/4位 横浜DeNAの主砲・ブランコが自由契約
3位 セ・リーグの新人王は大瀬良大地、パ・リーグの新人王は石川歩/2位 高校野球でタイブレーク制度が導入される
1位 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!

1位 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!

セ・リーグMVPは菅野智之
パ・リーグMVPは金子千尋!

11月26日(水)、NPBは今年度の最優秀殊勲選手を発表。セ・リーグは菅野智之投手。パ・リーグは金子千尋投手が選出された。

 セ・リーグは非常に選考が難しい年となった。優勝した巨人は個人打撃部門で、3割に到達した選手が1人もいなかった。年間通して苦しんだ1年だった。また投手陣も、10勝を上げたのは、12勝の菅野 智之、10勝の杉内俊哉の2人だけ。菅野は防御率2.33と好成績を上げたとはいえ、シーズン途中の離脱が1回あり、またCSでも肘を痛め、離脱。本人が嬉しさ半分と語っているように、1年間戦い切ることができなかったことに、悔しさを感じていた。それでもMVPになったのはシーズン中の投球ぶりを高く評価したのだろう。来年、リーグ4連覇を果たすには、やはり菅野が1年間投げ切り、今年以上の成績を残せるかだ。

 パ・リーグは優勝したソフトバンクではなく、オリックスのエース・金子千尋となった。ソフトバンクは3割打者も4人いて、全体的に打線が好調。さらには、10勝投手も3人いる。優勝チームに相応しい総合力が高いチームだが、成績的にずば抜けた選手はおらず、決め手を欠く印象を受けたのではないだろうか。金子は16勝5敗、防御率1.98、199奪三振と最多勝、最優秀防御率、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、沢村賞と数々のタイトルを獲得。成績、タイトルの多さを考えれば、文句なしの選手であった。

 去就については、今年はMLB行きを断念し、国内FAで残留するか、国内球団に移籍するかで絞られているが、11月末に肘の手術を行った。FA選手が手術するのは、なかなか異例で、残留に傾いているという情報もあるが、ますます見逃せない。来年はどのユニフォームでプレーするかは分からないが、今年以上の投球を見せてほしい。

このページのトップへ


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ「華のある選手を指名するべき」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第8回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ「今回のドラフトで太い柱となる選手を指名できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
大瀬良 大地(長崎日大) 【選手名鑑】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
創価 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
長崎日大 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
滑川 【高校別データ】
滑川 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム