第93回 大谷翔平が今季初完封で4連勝!2015年04月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 小川泰弘投手が7回途中までパーフェクト!2勝目/ 4位 広島のドラフト1位・野間峻祥がプロ初本塁打!
3位 巨人の片岡治大が300盗塁を達成! /2位 A・ロドリゲス(ヤンキース)が1試合2発!
1位 大谷翔平が今季初完封で4連勝!

1位 大谷翔平が今季初完封で4連勝!

大谷翔平が今季初完封で4連勝!

4月19日(日)、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、東北楽天ゴールデンイーグルス戦で今季初完封で、開幕から4連勝となった。

 大谷の凄さは、年々、進化を遂げていくこと。高校時代から一歩ずつ成長し、常時150キロ台の速球、切れ味鋭い変化球を投げる先発右腕は、MLBクラスと絶賛された昨年。今年は優勝するために、年間通して勝てる投手をめざし、不調でも試合を作れる技術を磨いてきた。

 この日の最速は156キロ。150キロと下回ることが多く、本人にとっては不調の部類。だが、ストレートを少なめにして、変化球を多めにする。そこまではプロならばどの投手も取り組むことができるが、それがプロの試合で、ゲームメイクは簡単にできるものではないが、大谷はその投球術を2年かけて作り上げてきた。また大谷の課題であったクイック。1.2秒~1.3秒台なものが、1.1秒台になり、着実に技術を高めてきている。

 いかに自分の意図通りな投球ができるかをテーマに取り組んできた大谷翔平。その投球が実現しつつある。優勝するために投手として15勝。この数字を目指してきたが、不調ながらもゲームメイクできる投球が、1年間かけてできれば、その目標の達成は近づいていく。ますます凄味が増している大谷翔平。常に我々を驚かせるパフォーマンスを示してきたが、今年はどんなインパクトある成績を残していくか見逃せない。

大谷 翔平選手の球歴>
花巻東高-北海道日本ハムファイターズ
ドラフト1位指名
2014年度 投打の成績
投手 24試合 11勝4敗 防御率2.61
野手 87試合 10本塁打31打点 打率.274
第84回選抜高等学校野球大会出場
第93回全国高等学校選手権大会出場

このページのトップへ


【関連記事】
第13回 いよいよMLBキャンプイン!2016シーズンを振り返る【後編】イチローが3000安打達成!そしてA・ロッドが引退」【MLBコラム】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第6回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編 「西武黎明期の根本流を再現するには?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム