第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!2015年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 掛布雅之氏が阪神の二軍監督に就任!/ 4位 MLBワールドシリーズはロイヤルズvsメッツに決定!
3位 アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任/2位 福岡ソフトバンクが日本シリーズ2連勝
1位 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!

3位 アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任

アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任

 横浜DeNAは来季の新監督にアレックス・ラミレス氏の就任を発表した。

 日本で数々のタイトルを手にしてきた最強助っ人が今度は監督としてチームを助ける立場にある。これまで外国人監督といえば、MLBで実績を残した指導者が監督になるのが通例だったが、日本でこれほど実績を残し、そして引退してからもそれほど月日も過ぎておらず、知名度抜群の選手が就任するのはプロ野球史上初ではないだろうか。一般のプロ野球ファンからすれば、あのラミレスが監督になるのか!とそんな驚きを持ちながら見ていると思う。

 就任会見でラミレス氏はコミュニケーションを多く取り、メンタル面を重要視し、そして些細なことをしっかりとやるチームにしていきたいと語っている。細かいことにもしっかりとこだわっていくという考えである。ラミレス氏は、DeNA退団後もBC群馬や今年もオリックスでアドバイザーを務めるなど指導者の経験はある。

 どんなチームを築き上げるのかが楽しみだが、いまだラミレス氏が監督としてグラウンドに立つ姿が全く想像できない。いずれ監督として貫禄が出るような強いチームを育ててくれることを期待したい。

2位 福岡ソフトバンクホークスと3連勝で日本シリーズ進出を決める

 10月24日、SMBC日本シリーズ2015が開幕。福岡ソフトバンクが2連勝を挙げた。

福岡ソフトバンクが日本シリーズ2連勝

  戦い方が圧倒的すぎる。スコア以上に点差を感じさせる戦いぶりであった。まず第1戦。5回まで4点を先制し、投げては先発の武田翔太投手が、畠山和洋に2ランを打たれたとはいえ2失点完投勝利。15安打を放ち、4点にとどまったのは反省点だが、それ以上に短期決戦に東京ヤクルトの投手陣にプレッシャーをかけた。そして第2戦はシーズン無敗のバンデンハークが好投を見せると、打線は李大浩の2ラン本塁打で先制すると、そのあとは中村 晃の本塁打などで4対0へ。バンデンハークは8回無失点の好投で、抑えのサファテを投げさせたいという意向で、サファテがぴしゃりと抑え、2連勝とした。

 これで神宮球場に舞台を移すことになるが、福岡ソフトバンクは盤石とした野球でそのまま日本一を果たすのか?それとも東京ヤクルトがホームの利を生かして、巻き返すを果たすことができるか、注目される。

このページのトップへ

【次のページ】 1位 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!


【関連記事】
第10回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のサイ・ヤング賞、新人王に挙がる選手は誰だ?!【MLBコラム】
第9回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のMVPプレーヤーは誰だ?!【MLBコラム】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム