第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!2015年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 掛布雅之氏が阪神の二軍監督に就任!/ 4位 MLBワールドシリーズはロイヤルズvsメッツに決定!
3位 アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任/2位 福岡ソフトバンクが日本シリーズ2連勝
1位 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!

1位 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!

高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!

 10月23日、読売ジャイアンツは高橋由伸選手の監督就任を発表。高橋由選手は現役引退を決めた。

 今まで巨人の監督といえば、エースか4番打者。前監督の原辰徳氏は4番打者として、前々監督の堀内恒夫氏もエースとして活躍。監督の選び方には、いろいろな意見が分かれるが、巨人は選手としての華が求めている。

 そんな次の監督が通算1753安打、321本塁打と巨人きっての生え抜きスターの高橋由伸だった。高橋由は、厳しいスタートになる。ベテランが衰えを見せており、今回、野球賭博で3投手が関わっていた。そういう厳しい状況の中でも高橋由に監督を任せるのは球団は立て直せるのはこの人しかいないという現れでもあるだろう。

 現役生活を引退するのは相当な悩みがあったことだろう。だが就任を決めた高橋由監督は晴れやかだった。何か覚悟を決めた感じであった。記者会見に出てくる高橋由監督の姿はやはり品格があり、カリスマ性もある。確かにこの監督ならば、突いていきたくなるようなものを実感させる。
 新生・巨人の下、どんなチームを築き上げるのか、今から楽しみでならない。

このページのトップへ


【関連記事】
第10回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のサイ・ヤング賞、新人王に挙がる選手は誰だ?!【MLBコラム】
第9回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のMVPプレーヤーは誰だ?!【MLBコラム】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム