第5回 球場のサイズや形は、記録にどんな影響を与えるか?2014年08月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 球場のホームランの出やすさはどうやったら計れる?
[2] パークファクターの計算方法
[3] 得点やヒットのパークファクターも計算できる

[4] パークファクターを実際に使ってみよう

球場の特徴を確かめる「パークファクター」の計算方法

 そこで考えられたのが、あるチームの「ホーム球場で出たホームランと打たれたホームランの合計」と「ビジター球場で出たホームランと打たれたホームランの合計」を比較するという方法だ。

 これならば、ホーム球場でホームランが多く出ていたとしても、その程度がビジター球場でのものと同じくらいであれば、ホームランが多く生まれた理由は専ら選手の能力にあるといえる。逆にこの2つの数字が大きく開いていれば、球場の影響が疑われることになる。このような方法で計算された指標をパークファクター(Park Factor)という。

 


 基本は「ホーム球場で出たホームランと打たれたホームランの合計」を「ビジター球場で出たホームランと打たれたホームランの合計」で割ることで、2つの数字を比較するものである。
 以降で資料として紹介するパークファクターは、より正確な数値を出すために、試合数ではなく打席数(打たれたホームランは打者数)でホームランの数を割っているが、式の仕組みは基本とほとんど変わりはない。こうして出された数字は同一リーグの平均的なビジター球場と比べて、ホーム球場では何倍ホームランが出ているかを示している。

【次のページ】  NPB球団の本拠地球場のホームランの出やすさ


【関連記事】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第12回 【9月9日-9月15日】ついに来た!バレンティンがアジア新記録の57号!!【Weekly TOP5】
第10回 【8月26日-9月1日】歴史を次々と塗り替える高卒新人・藤浪晋太郎に迫る!【Weekly TOP5】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム