第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?2014年12月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 投打の目玉・ブランコ&バリントン獲得したオリックス
[2] DeNAにうまくはまりそうなロペス、楽天はクローザーをリプレイス
[3] ペーニャとAJに働き場所はあるか?

ペーニャとAJに働き場所はあるか?


 退団によってオリックスがブランコ獲得に動くきっかけをつくったウィリー・モー・ペーニャは、一時楽天が獲得を目指していると報道されていた。

 2014年は序盤で本塁打を量産したが、波のあるシーズンでもあった。長打力はあるが、その割に四球を選べておらず、三振も多い。基本的に年ごとのパフォーマンスにも波が出やすく読みにくい。また指名打者としての起用が前提となること、報道では複数年での契約を望んでいるとも伝えられ、移籍先が決まらない理由はそのあたりにあるのかもしれない。
 ただ、長打力で他球団にリードを許している楽天のような球団が選択肢とするのは理にかなっている。またこれも噂されているメジャー復帰も同じ理由でそう簡単ではなさそうなことから、来年以降も日本でプレーする可能性はあるだろう。

 楽天を離れることになったアンドリュー・ジョーンズについては、ロッテや巨人が獲得するのではないかという報道があった。
 ロッテは12球団で最低の出塁率だったことから、ジョーンズがうまく機能する可能性はあるが、アルフレド・デスパイネの引き止めに成功した結果資金的には限界が近いと見られ、獲得の可能性は低くなった。デスパイネでDHが埋まると、ジョーンズは一塁に回ることになるが、主軸の井口資仁とぶつかるという問題もある。巨人にしても、一塁には阿部慎之助が入ることが決まっており実現度は低い。

 しかし、2年続けてほぼ同じ成績を残したジョーンズは、特に選球眼については来年以降も高い能力を発揮できるだろう。長打率がやや下がり同時にOPSも下がったが、これは打率の低下が影響したものでそのまま長打力の低下を意味するものではない。誰も加齢の影響からは逃れられないが、緩やかな低下に留められる可能性もある。
 ジョーンズの環境への適応力は高く、国内移籍にもしっかり対応するはずだ。年俸の高さは障壁だが、プレーできることを優先する考え方を持っているのは、来日の経緯からも明らかで交渉の余地はある。

(文=市川博久+DELTA


【関連記事】
第77回 アルフレド・デスパイネが千葉ロッテに残留決定!!【Weekly TOP5】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第76回 オリックスが中島裕之の入団を含め、大型補強を敢行!【Weekly TOP5】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第75回 セ・リーグMVPは菅野智之、パ・リーグMVPは金子千尋!【Weekly TOP5】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム