第11回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【チーム編】2015年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 「なぜ勝てるのか? なぜ勝てないのか?」その要因の整理をしよう
[2] 得点・失点情報の集め方
[3] 1試合ごとの得点・失点を収集し、グラフにする

得点・失点情報の集め方

 NPB(外部サイト:http://bis.npb.or.jp/2014/stats/)でもMLB(外部サイト:http://mlb.mlb.com/mlb/standings/?tcid=mm_mlb_standings)でも、公式サイトの順位表のトップページには得点・失点が出ていない。

 NPBの場合は順位表の下の「チーム打撃」「チーム投手」というリンクから、それぞれチームの総得点と総失点にたどりつける。

 MLBの場合は、順位表の右上の「Standings Split」と書かれた部分の横の「>」を2回クリックすると、RS(Runs Scored=得点)、RA(Runs Allowed=失点)という項目が現れる。重要な情報なのだが、かなり奥まったところに掲載されているのだ。

 ただ、スポーツ新聞などの電子版では、順位表に得点・失点を横並びで掲載しているのでチェックしやすい。

得点と失点、その差でランキングをつくってみる

 スポーツ新聞などのサイトに掲載されている順位表は、各リーグのチームを勝率順のランキングにしている。それとは別に「得点」「失点」「得点−失点(差)」でランキングをつくると、それだけでチームとリーグの状態が見えてくる。

 図は2014年のセントラル・リーグの順位に、得点・失点に関するランキングを追加したものだ。得点と失点は試合数で割り、1試合平均の値にしている。


 表計算ソフトなどを使えば、手間をかけずにつくれるランキングだが、これだけでも見えてくることはかなりある。ファンとして応援しているチームであれば、ここから見えてくるレベルの問題点は認識しているものだろうが、それ以外のチームの状態や、リーグの全般的な力関係をざっととらえる上ではなかなか便利だと思う。

このページのトップへ

【次のページ】 1試合ごとの得点・失点を収集し、グラフにする


【関連記事】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第7回 打席での働きを1つの数字で表す【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム