第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】2015年04月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 得点力をつかむために見るべき数字
[2] 得点と出塁率・長打率を並べて、表をつくってみよう
[3] 信用性の高い指標、低い指標

得点と出塁率・長打率を並べて、表をつくってみよう



 得点・出塁率・長打率を並べて表をつくると攻撃面でのチームの状況が見えてくる。表は2014年のセントラル・リーグの平均得点・出塁率・長打率を並べたものだが、平均得点は「1、2位のヤクルト・広島」「3、4位の阪神・巨人」「5位、6位の中日・DeNA」に3集団に分かれて分布している。出塁率、長打率の値は、個別には得点にリンクしているとは微妙に言いにくいが、2つの数字を組み合わせると、見事に得点に対応する値になっている。出塁だけでも長打だけでも、得点は入らないことをよく示している。

 得点・出塁率・長打率を追いかけていれば、各チームが得点をどんな形で奪っているかをおおまかにつかむことができる。上の表で言うなら、巨人の得点力は長打の部分が、阪神の得点力は出塁の部分が支えていた−−というようにである。

 また、2014年のセ・リーグのようにきれいに収まっていないケース、すなわち出塁率や長打率がそろって良い値にもかかわらず得点が増えていないチームがある場合は、巡り合わせなどの何らかの影響が得点を阻んだことが疑われる。チーム状態がその後も維持されれば得点増の可能性が出てくる。逆に2つの値が伸びていないのに得点がよく入っているチームについては、その後失速する可能性を考える必要がでてくる。

チームの成績を形づくるのは選手の成績

 チームの出塁率や長打率の値が高かったり低かったりする状況がつかめたら、選手の値に目を向けてみよう。当たり前のことだが、チームの出塁率が高いチームには高い出塁率を記録している選手が、低いチームには振るわない成績を残している選手がいる。

 NPBの公式サイトではページの一番下にある球団別個人成績またはサイドバーで球団を指定して選手の成績を見ることができる。個人打撃成績のページを開くと、1試合以上出場した選手の成績があいうえお順で並んでいる。打席数の多い順に並べ替えてくれたり、投手と野手で表を分けてくれたりといった機能はついていないが、分析の基本となるデータはここでほとんどがそろう。

 選手の成績を扱うときにいくつか気をつけたいことがある。1つはサンプルサイズを意識することである。聞き慣れない言葉かもしれないが、この考えは規定打席数や規定投球回数という数字の設定で、ファンならば日常的に接しているものだ。NPBでは打率、出塁率などのランキングは規定打席数以上の打者のみを対象につくっている。10打数3安打の打者と、500打数150安打の打者を同じ3割打者として扱うべきではない、という感覚は馴染みのあるものだと思う。出場試合数が少ない選手やシーズンの序盤で十分なサンプルがそろわない段階では記録の信用性は上がらない。個人の記録を扱うときに注意したいのはまずこの点である。

 そのような考えに基づくと、扱いに注意が必要な指標があることに気づくだろう。指標の中には、1シーズンかかっても十分なサンプルがそろわない指標も存在する。例えば、得点圏打率のような状況別の成績や対戦チーム別、対戦投手別の成績などがそれだ。得点圏での打席数は選手により差があるが、全体の打席数の4分の1から3分の1程度、多い打者でも200打席あるかないかであり、規定打席数の半分にも満たない。対戦チーム別、対戦投手別の打席数はそれよりもはるかに少ない打席数だ。

 選手の能力を見誤らないためには、サンプルサイズを意識し、その指標がどの程度信用できるかに注意した方がよい。開幕してそれほど期間が経っていない段階での成績や控えで出場機会の少ない選手の成績を見るときには要注意だ。
 また、最近5試合の成績や対戦投手別の成績、満塁時の成績のように極端に打席数の少ない成績は、選手がそういった結果を残してきた、という事実をつかむのに使うのはいいが、それをもって「この打者はあの投手に強い」「満塁に強い」と能力の評価に用いるのにはあまり向いていないと知っておこう。

このページのトップへ

【次のページ】 信用性の高い指標、低い指標


【関連記事】
第11回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【チーム編】【データから見る野球の楽しみ方】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第7回 打席での働きを1つの数字で表す【データから見る野球の楽しみ方】
第6回 成績の平均値を考慮すると見えてくるもの【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム