印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 田中将大投手、連勝ストップも高まる現地評価2014年06月02日

 連敗記録が止まったことで、メディアも大騒ぎではあったが「田中もやっぱり人間だった」や「ここで記録はいったん止まってしまったが、といってもシーズンの中でのたったの一つの負けに過ぎない。彼ならまた一から新しい伝説をスタートさせてくれるよ」と辛口で知られるニューヨークの地元メディアも、彼に対して批判的な記事を寄せることはほとんどなかった。

 それは田中投手が、この1ヶ月半で登板した全ての試合を6回3失点以内で抑える、クオリティーピッチングをしてローテーションを守ってきたことが高く評価されたからであろう。

 大きな記録が破れた後というのは、本人にとって精神的なダメージも大きいとは思うが、田中投手は25日に行われた次のシカゴ・ホワイトソックス戦で6回2/3を5安打1失点と、チームの勝利に貢献して、7対1でチームは勝利した。

また31日のツインズ戦では8回を投げ1失点と好投。8勝目をあげ再び連勝街道を走り出した。 25日のホワイトソックス戦の後、ジータ選手は、
「彼が続けていた不敗神話はいつか途切れると思っていたが、田中はその記録が途切れた後も全く動じずに今日の試合に臨んでいた。それはすごいことだと思う。
彼は、日本でも大きな舞台で投げて来たことが、自信になっていると思う。田中がこれからもチームの勝利に貢献してくれることは間違いないと思う」
とコメント。ジータ選手も彼に対して大きな信頼を寄せている。

 これからまた何連勝を記録するかはわからないが、勝っても負けても一喜一憂しない彼の姿勢は、今後もメジャーで大きな記録を残すに違いない。

(文・中薗麻衣

このページのトップへ


【関連記事】
第13回 いよいよMLBキャンプイン!2016シーズンを振り返る【後編】イチローが3000安打達成!そしてA・ロッドが引退」【MLBコラム】
第12回 もうすぐMLBもキャンプイン!2016年の10大ストーリーを振り返る!【MLBコラム】
第7回 開幕ダッシュ失敗のヤンキース!次なる手を探れ!【MLBコラム】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
駒大苫小牧 【高校別データ】

プロフィール

中薗麻衣
中薗麻衣
  •  ニューヨーク在住6年目。現在、ニューヨークのTVプロダクションに勤務し、MLBをはじめNBA, NFLなどアメリカンスポーツ取材を2010年より行い、日本向けに、コラム執筆、取材リポート、映像編集、番組コーディネート業等、幅広く活動している。

     NHKスポーツニュース番組、「おはよう日本」スポーツコーナーMLBスプリングトレーニング等他多数。週刊ダイヤモンドオンライン「アメリカンスポーツビズの歩き方」コラム執筆、週刊NY生活「MLBコラム」、週刊NY生活TV、テレビ東京「海外いくならこーでね~と!」出演など。

  • twitter:@Maia_K_Nakazono

コメントを投稿する

コラム