印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回 オールドタイマーズデーに松井秀喜氏も登場!2014年07月02日

インタビューを受ける松井秀喜さん

 6月22日、この日は今年で68回目を迎えるオールドタイマーズデーが行われ、かつてヤンキースでプレーした往年の選手たちが集結し、1日限定のチームで試合が行われた。 毎年この時期に行われるオールドタイマーズデー、長年のヤンキースファンにとってはたまらない1日となるイベントだ。

 この日集まったのは、ジョー・トーリ元監督やレジェンドと呼ばれるヨギ・ベラさんやレジー・ジャクソンさんなど野球ファンなら知らない者はいないという有名な元選手たちがずらっと集結。
現役時代と比べて見た目はやはり変わってはいるが、やはり伝統球団のヤンキースでプレーした名選手達だけあって、彼らが醸し出すオーラには圧倒されるばかりであった。

 そして今年は、昨年ヤンキースを引退した“あの人“も初登場。彼の登場でスタジアムはよりいっそうヒートアップ。”あの人“とはそう、2003年からヤンキースでプレーし2009年のワールドシリーズでMVPを受賞した松井 秀喜さんである。

 松井さんがフィールドに登場するやいなや、あっというまに大勢の日米両メディアに囲まれ長い時間インタビューが行われていた。その間もスタンドで大勢のファンが大歓声をあげ、その人気ぶりは健在であった。

 その松井さんはこの日、5番・指名打者で出場し打撃は2打数無安打だったが、途中から外野の守備につき、初めて投手としてマウンドにも立つことにもなった。ゲーム出場後のインタビューで、松井さんはマウンドに立ったことについて
「登板の予定は無かったが、出場した他のプレーヤーがおじさんばかりでみんな燃料切れで、行けって言われたのでいきました。初めての経験なので記念になった」とコメント。

 そして、オールドタイマーズデーについては、「自分が現役の頃オールドタイマーズを観ていて、すごいOBの方たちがプレーしているなと思っていたのですけど、自分が引退してそこに入るということは少し違った感慨があったし、久しぶりに55番の背番号をつけてプレーできたこと、たくさんのファンの方々に声援を送っていただけて、非常に光栄だと思う」と話していた。

このページのトップへ

【次のページ】 田中将大選手もオールドタイマーズデーについてコメント!


【関連記事】
第13回 いよいよMLBキャンプイン!2016シーズンを振り返る【後編】イチローが3000安打達成!そしてA・ロッドが引退」【MLBコラム】
第12回 もうすぐMLBもキャンプイン!2016年の10大ストーリーを振り返る!【MLBコラム】
第7回 開幕ダッシュ失敗のヤンキース!次なる手を探れ!【MLBコラム】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
松井 秀喜(星稜) 【選手名鑑】

プロフィール

中薗麻衣
中薗麻衣
  •  ニューヨーク在住6年目。現在、ニューヨークのTVプロダクションに勤務し、MLBをはじめNBA, NFLなどアメリカンスポーツ取材を2010年より行い、日本向けに、コラム執筆、取材リポート、映像編集、番組コーディネート業等、幅広く活動している。

     NHKスポーツニュース番組、「おはよう日本」スポーツコーナーMLBスプリングトレーニング等他多数。週刊ダイヤモンドオンライン「アメリカンスポーツビズの歩き方」コラム執筆、週刊NY生活「MLBコラム」、週刊NY生活TV、テレビ東京「海外いくならこーでね~と!」出演など。

  • twitter:@Maia_K_Nakazono

コメントを投稿する

コラム