印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回 オールドタイマーズデーに松井秀喜氏も登場!2014年07月02日


デービッド・ウェルズ氏も登場!

 引退後、ヤンキースの試合を時々テレビで見ているという松井さん。ちょうどこの日は田中 将大投手(田中 将大投手独占インタビュー)の登板日。

 松井さんも田中投手に関して、誰も何も言えないくらいの活躍をしていると話し、大先輩からも太鼓判を押された田中投手。彼自身もクラブハウス内のテレビモニターで、オールドタイマーの様子をみていた。

 登板だったため、出場した往年の選手たちと話をする機会がなかったが、この日始球式をしたゴセージさんとはマウンドで挨拶していた。

 この日も勝ってオールドタイマーズデーに華を添えたかったが、残念ながらこの日は味方の援護もなく 結果的に0対8でヤンキースは負けた。 彼にとっては今シーズン2度目の黒星となり、なんとも後味の悪いオールドタイマーズデーとなってしまった。

「また本塁打で失点を先にしてしまい、そのあと粘れてはいたが、最後の最後に2点取られてしまって、大事なところで粘りきれなかったなというのはありました」
と悔しそうな表情を浮かべながら試合を振り返った田中投手。

その活躍ぶりから、世界各国で発売されているスポーツ雑誌「ESPN」の表紙になった田中投手

 今日のオールドタイマーズデーについてアメリカ人記者からの、「いつか自分もあのセレモニーに参加したいと思うか」という問いに対し、
「そういうときに呼んでもらえるような選手に、まずはならないといけないなと思います」と答えた田中投手。
まだ今年メジャーに来たばかりの彼がオールドタイマーズデーに出るのはずっと先のことだろうが、きっと彼なら将来このイベントに出場した時、松井さんと同じくニューヨーカーから大歓迎されるにちがいない。

 今年もヤンキースが負けるパターンは攻撃陣の不調が原因となるパターンが多く、これからヤンキースが勝ち進んで行くためには、かつての松井さんのような頼れる大物打者が必要だと改めてこの日思ったのはワタシだけではないはずだ。

(文・中薗麻衣

このページのトップへ


【関連記事】
第13回 いよいよMLBキャンプイン!2016シーズンを振り返る【後編】イチローが3000安打達成!そしてA・ロッドが引退」【MLBコラム】
第12回 もうすぐMLBもキャンプイン!2016年の10大ストーリーを振り返る!【MLBコラム】
第7回 開幕ダッシュ失敗のヤンキース!次なる手を探れ!【MLBコラム】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
松井 秀喜(星稜) 【選手名鑑】

プロフィール

中薗麻衣
中薗麻衣
  •  ニューヨーク在住6年目。現在、ニューヨークのTVプロダクションに勤務し、MLBをはじめNBA, NFLなどアメリカンスポーツ取材を2010年より行い、日本向けに、コラム執筆、取材リポート、映像編集、番組コーディネート業等、幅広く活動している。

     NHKスポーツニュース番組、「おはよう日本」スポーツコーナーMLBスプリングトレーニング等他多数。週刊ダイヤモンドオンライン「アメリカンスポーツビズの歩き方」コラム執筆、週刊NY生活「MLBコラム」、週刊NY生活TV、テレビ東京「海外いくならこーでね~と!」出演など。

  • twitter:@Maia_K_Nakazono

コメントを投稿する

コラム