印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第10回 人気キャラクターとMLBのコラボで急増する女性ファン2014年12月17日

 というのも、ここ数年アメリカンプロスポーツのファン層も女性と男性の比率がほぼ同率となっており、MLBではいまや女性ファンの割合が46%にまでなっている。それに関連して、チームアパレルグッズの売り上げの約80%は女性によるというデータも発表されている。もちろんその中には男性向けの商品も含まれているが、それらも財布を握る妻や、彼女が購入するといったパターンなのだろう。

 また、アメリカ最大の人気プロスポーツのNFLでも女性ファンの割合が44%と約半分で、いまやアカデミー賞授賞式よりも、同時期に開催されるスーパーボウルを視聴する女性が増えているともいわれるほど。NFLも関連アパレルグッズのターゲットを女性にシフトしていると、以前アメリカ最大のスポーツチャンネルESPNでも取り上げられていたほど、やはりアメリカ全体でプロスポーツの女性ファンの増加が顕著にみられており、彼女らをターゲットにしたアパレルビジネスがホットになってきているのだ。

 たしかに実際球場内のグッズ売り場を覗いてみても、以前と比べて、女性をターゲットにしている商品の割合がぐんと増えたように思う。女性をターゲットにした商品展開をMLBで行うようになったきっかけは、2007年、テレビドラマ「Who’s the Boss?」のサマンサ役で大人気だったハリウッド女優、Alyssa Millanoが、MLBとコラボしたスポーツアパレルブランドを立ち上げ、これがヒットしたことによるものではないかと思う。

 その後、2010年には、アメリカで野球帽の会社として有名なNEW ERA社が、スポーツアパレルメーカーを通して、アメリカ最大の下着専門店でセクシーな商品を売り物にしているヴィクトリアズシークレット社とライセンス契約を結び、ヴィクトリアズシークレットの妹分であるブランドのPINKから、MLBチームとコラボレーションしたアパレル商品を販売することになった。

 当初はボストン・レッドソックス、ヤンキースなどといった11球団に限定していたが、昨年からは30球団全てのチームとコラボ。各球団のチームカラーをベースに、女性が好むデザインの商品を、それぞれの本拠地を構える都市で販売するようになった。(商品は球場内のショップのほか、ヴィクトリアズシークレットのウェブサイトやMLBのサイトでも購入できるようになっている)

 商品を見てみても、Tシャツからスポーツウエア、水着などさまざまな商品があり、デザインもさすが女子の心をくすぐる、かわいく、そしてビクトリアズシークレットラインならではのセクシーなものもある。また、価格帯もTシャツやタンクトップが20~30ドル程度と、比較的手ごろな価格で販売されているのも魅力的な点だ。

 全米で若い女性に大人気のブランド、ヴィクトリアズシークレットがMLBとコラボしたことで、いかに多くの女性ファンの心をつかんだかは簡単に想像できる。

このページのトップへ

【次のページ】 人気キャラクターとMLBのコラボで急増する女性ファン(3)


【関連記事】
第21回 田中将大、プレーオフ初登板!「絶対的なピッチャーになりたい」【中薗麻衣のMLB取材ノート】
第20回 田中将大、12勝7敗でシーズン終了!チームはワイルドカード進出!【中薗麻衣のMLB取材ノート】
第19回 田中将大、悔やむ被弾!サブウェイシリーズ初戦に先発し、今季7敗目【中薗麻衣のMLB取材ノート】
第18回 田中将大、今季12勝目 首位攻防戦で圧巻のピッチング!【中薗麻衣のMLB取材ノート】
第17回 田中将大、8回1失点の好投!「自分の仕事を毎試合、毎回やるだけ」【中薗麻衣のMLB取材ノート】

プロフィール

中薗麻衣
中薗麻衣
  •  ニューヨーク在住6年目。現在、ニューヨークのTVプロダクションに勤務し、MLBをはじめNBA, NFLなどアメリカンスポーツ取材を2010年より行い、日本向けに、コラム執筆、取材リポート、映像編集、番組コーディネート業等、幅広く活動している。

     NHKスポーツニュース番組、「おはよう日本」スポーツコーナーMLBスプリングトレーニング等他多数。週刊ダイヤモンドオンライン「アメリカンスポーツビズの歩き方」コラム執筆、週刊NY生活「MLBコラム」、週刊NY生活TV、テレビ東京「海外いくならこーでね~と!」出演など。

  • twitter:@Maia_K_Nakazono

コメントを投稿する

コラム