第4回 【ドラフト総括】広島東洋カープ編2014年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 投手ではなく、野間を1位指名した理由
[2] 薮田、塹江、藤井と潜在能力が高い投手を次々と指名
[3] 今回のドラフトの成否が判明するのは3年~5年後

薮田、塹江、藤井と潜在能力が高い投手を次々と指名

塹江敦哉(高松北)

 2位は薮田 和樹(亜細亜大)を指名。今年はリーグ戦での登板がない。昨年の大学選手権での登板では、常時140キロ後半の速球を投げていたが、ストライクの枠に収めるのが精一杯で、まだ打者を見て投球を組み立てることができていなかった。

 故障がちというのもあり、まずは負担が少ないフォームへ改良し、さらにストレート主体でもいいので、投球の組み立てを学びながら育てていく必要があるだろう。
完全に素材型の投手で、スカウトはその素材を最大限に評価したというのが伺える。ただそれをモノにするには時間がかかりそうだ。

 3位の塹江 敦哉高松北)は140キロ後半の速球を投げる速球派左腕だが、まだ制球力、投球術に課題を抱える。3年先を見据えれば、実戦力も磨かれ、一軍を意識出来る投手へ成長するだろう。

 4位の藤井 皓哉おかやま山陽)は、力強い腕の振りから投じる最速148キロの速球が光る。フォームも安定していて、さらに伸びしろを秘めた右腕だ。

 5位の桒原 樹常葉菊川インタビューは長打力が光る大型内野手。遊撃手を務める機敏性はなく、どちらかというと二塁、三塁向き。スイングの速さ、打球の角度の高さはずば抜けたものを持っているので、長打力、対応力をあげていく方向性で伸ばしてほしい。カープにはいないタイプの内野手なので、ウリに出来る打力を磨いてほしいところだ。

 6位の飯田 哲矢JR東日本)は、今回指名された投手の中では最も即戦力として期待出来る左腕。球速は140キロ前後と速くないが、曲がりの大きいカーブを交え、相手の打ち気を逸らす投球が上手い投手だ。中継ぎなら即戦力として活躍出来るだろう。

 7位の多田 大輔鳴門渦潮)は、二塁送球がコンスタントに1.9秒台を計測する強肩に加え、強打が魅力だが、捕手としての技術は粗い。時間はかかるタイプだが、若手捕手が少ないカープにとっては大きな指名だった。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ

【次のページ】 今回のドラフトの成否が判明するのは3年~5年後


【関連記事】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
木村 聡司(常葉橘) 【選手名鑑】
桒原 樹(常葉菊川) 【選手名鑑】
多田 大輔(鳴門渦潮) 【選手名鑑】
藤井 皓哉(おかやま山陽) 【選手名鑑】
塹江 敦哉(高松北) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム