第6回 【ドラフト総括】読売ジャイアンツ編2014年11月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 久しぶりの和製大砲の岡本和真を指名
[2] 本指名の戸根、高木、田中ともに一軍での活躍出来る人材
[3] 育成枠指名もポテンシャルが高い選手の指名が集まった

本指名の戸根、高木、田中ともに一軍での活躍出来る人材

戸根千明(日本大)

 戸根 千明(2014年インタビュー【前編】【後編】)は規格外の体型から威力ある140キロ中盤の速球に加え、キレのあるスライダー、チェンジアップなどを投げ分ける好投手。長いイニングを投げるタイプではなく、短いイニングの方が力を発揮しやすく、即戦力の中継ぎとして期待したい投手だ。

 3位の高木 勇人三菱重工名古屋)は、以前からドラフト候補に挙がっていた右の本格派右腕。140キロ後半の速球は威力抜群で、今年はついに150キロを超えた。さらにフォークをマスターし、今年の都市対抗の大阪ガス戦では最速148キロを計測。フォークを交え3.2回を投げて8奪三振の快投を見せた。

 先発として長いイニングを投げるタイプではなく、短いイニングで強みを発揮する投手。巨人の中継ぎ陣に食い込む実力は備わっているだろう。

 4位の田中 大輝(国学院大)は今春の東都では4勝1敗、防御率1.11と好成績を残した左腕。速球は140キロ前後と速くないが、両サイドへテンポ良く投げ分け、変化球も低めに集め、丁寧に投げる投球スタイルだ。ただ4年秋に肩を痛めているのが懸念材料で、1年目から戦力として期待するのは厳しいだろう。しっかりと怪我を完治させ、競争に加わってほしい。

 育成枠1位の篠原 慎平香川オリーブガイナーズインタビューは、最速153キロを武器にクローザーを務め、6勝5敗10セーブの活躍を見せた。強烈な腕の振りから投げ込むストレートは、ドラフト上位に指名された投手にひけを取らない凄味があるが、防御率3.03と若干高いのが気になる。速球を生かす投球術を身に付け、支配枠を勝ち取ってほしい。

 育成枠2位の川相 拓也(桜美林大)は川相 昌弘ヘッドコーチの息子で、父同様、堅実なプレースタイルをウリにする選手。入団テストを受けて、最終審査に残り、プロ入りを叶えた。
父も、投手から内野手に転向し、下積みを重ねながら一流の選手になったように、ここから這い上がって、支配下枠を勝ち取る活躍を見せることがテーマになるだろう。

 育成枠3位の田中 貴也(山梨学院大)は1.9秒台のスローイングに加え、さらには広角に打ち分けるシュアな打撃が持ち味。攻守ともに技術が高い選手で、本指名でもおかしくないぐらいのスキルを持っているので、持ち前のガッツで突き進み、また守備で投手陣の信頼を掴み、支配下枠を勝ち取る活躍を見せてほしい。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ

【次のページ】 育成枠指名もポテンシャルが高い選手の指名が集まった


【関連記事】
第12回 もうすぐMLBもキャンプイン!2016年の10大ストーリーを振り返る!【MLBコラム】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ「華のある選手を指名するべき」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第8回 前田健太からのホームランを語る!ジョー・パニック選手(ジャイアンツ)に直撃インタビュー!【MLBコラム】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第3回 日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身)【後編】 【2014年インタビュー】
第2回 日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身) 【前編】 【2014年インタビュー】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
高木 勇人(海星) 【選手名鑑】
高橋 慎之介(木更津総合) 【選手名鑑】
田中 大輝(必由館) 【選手名鑑】
戸根 千明(石見智翠館) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム