• トップ
  • コラム
  • 大学野球レポート
  • 【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週1回戦) 「投打に勢い見られず 優勝目前の明大に完敗」

【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週1回戦) 「投打に勢い見られず 優勝目前の明大に完敗」2015年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

投打に勢い見られず 優勝目前の明大に完敗

3回に適時打を放った川口 凌(法政大)

 秋季リーグ戦の最終カードの相手は、すでに勝ち点4を獲得し法大戦に「完全優勝」をかける現在首位の明大。髙山 俊をけがで欠いた明大だが、初回から層の厚さを見せつけた。
髙山に代わり「2番・中堅」に入った小倉 貴大が中前安打で口火を切ると、その後迎えた満塁の場面で、今季初スタメンの上西 達也が走者一掃の3点打。
法大は3回に川口 凌の適時打で1点を返すも、5回にも明大4番の菅野 剛士の犠飛で再び3点差をつけられてしまう。

 法大打線は、明大先発の柳 裕也の緩急を織り交ぜる巧みな投球の前に突破口を見いだせない。球数が100球を超えた最終回、ようやくチャンスをつくり柳をマウンドから引きずりおろすも、齊藤 大将、星 知弥を惜しげもなくつぎ込んだ明大がリードを守りぬいた。
法大の連敗は5に伸び、明大は優勝に王手をかけた。

(文/写真・スポーツ法政新聞会)


1 2 3 4 5 6 7 8 9
法政大学0010000001
明治大学30001000X4

法政大学:菅野、青木勇、谷川、玉熊-森川
明治大学:柳、齊藤、星-坂本
二塁打:大西千、森川、川口(法)、上西(明)

このページのトップへ

【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週3回戦) 「延長13回の死闘制し、秋季最終戦を劇的勝利」【大学野球レポート】
【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週2回戦) 「柴田3打点の活躍で難敵撃破」【大学野球レポート】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】

コメントを投稿する

コラム