• トップ
  • コラム
  • 大学野球レポート
  • 【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週3回戦) 「延長13回の死闘制し、秋季最終戦を劇的勝利」

【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週3回戦) 「延長13回の死闘制し、秋季最終戦を劇的勝利」2015年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

延長13回の死闘制し、秋季最終戦を劇的勝利

畔上 翔(法政大)

 今季最終戦、法大は前日に先発し129球を投げた玉熊 将一をこの日も先発起用。驚きの采配を見せる。対する明大も大方の予想に反し、齊藤 大将をマウンドへ送る。

 先制は法大。制球が乱れる齊藤の球を冷静に見極めた川口 凌が押し出し四球を選び、1点を先行する。前日の疲れも残る玉熊だったが、この日も粘りの投球で明大打線を4回無失点に封じ、菅野 秀哉にバトンをつなぐ。しかし5回に犠飛を打たれ試合振り出しに。

 終盤は、両エースの意地がぶつかる緊迫の投手戦が展開される。4回から登板した明大・柳 裕也と、菅野の後を受けた法大・熊谷 拓也が互いにまったく譲らない力投。スコアボードにゼロを並べ続け延長へ突入するも、延長12回を終えても得点は入らず。試合は完全にこう着状態となった。

 しかし延長13回、今季最大のドラマが待っていた。畔上 翔のこの試合4本目の安打に代打の田中 彪も連打で続き、畔上は一気に三塁へ。この最大の好機で打席に入った途中出場の清水 雄二が、スクイズを敢行。畔上が決勝のホームへ滑り込むと歓喜のガッツポーズを見せた。

 その裏を熊谷が3人で締め、3時間30分の死闘を制した法大。今季最終戦を最高の勝利で締めくくった。

(文/写真・スポーツ法政新聞会)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
法政大学01000000000012
明治大学00001000000001

法政大学:玉熊、菅野、熊谷-森川
明治大学:齊藤、柳-坂本
二塁打:畔上(法)、菅野、坂本、佐野恵(明)

このページのトップへ

【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週2回戦) 「柴田3打点の活躍で難敵撃破」【大学野球レポート】
【東京六大学野球連盟秋季リーグ戦】法政大学vs明治大学(第7週1回戦) 「投打に勢い見られず 優勝目前の明大に完敗」【大学野球レポート】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】

コメントを投稿する

コラム