西郷 泰之

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 「諦めない野球人生」 西郷 泰之選手(Honda)2015年07月03日

これまでの西郷 泰之選手インタビューは以下から
Honda 西郷泰之選手(前編・2012年03月23日公開)
Honda 西郷泰之選手(後編・2012年03月30日公開)

【目次】
[1]史上最多タイの14本塁打を記録した都市対抗
[2]ポイントは「横一直線」
[3]“ミスター社会人”の称号

“ミスター社会人”の称号

都市対抗野球大会で活躍を残す西郷選手

 打撃理論を根本から見直した西郷は、社会人屈指の強打者に生まれ変わった。
以降、15年以上経った現在も第一線に立ち続けている。西郷を根底から突き動かすのは、プロを諦めたことで得た財産だ。
「今思えば、諦めないことが自分のキーポイントだと思います。絶対に失敗はしますから、それで『もういいや』という気持ちにならないように。何かに向かっていく中で、諦めたらそこで終わりだと思うので。自分の場合、プロを諦めたということが、後悔と言えば後悔ですね。諦めないで、もう少し頑張ればよかったというのはあります」

 だが、後悔や挫折を乗り越えることができれば、それは自信や原動力に変わっていく。西郷が続ける。
「でも、プロを諦めたのはそのときの素直な気持ちで、本当に、自分の心の中でそう思ってしまったので。僕はそんなに偉そうなことは言えないですけど、諦めないでやっていればいいのかな、と。成功する、成功しないに関わらず、自分の中で何かになるんじゃないかなとは感じます」

 年齢を重ねるたび、周囲から尊敬の念を込めて言われる「ミスター社会人野球」の称号は、持つ意味の重みを深めている。そう呼ばれることについて、西郷自身はどう感じているのだろうか。
「どうも思っていないです。自分の中の『ミスター社会人』は杉浦(正則)さんだと思っているので」

 90年代中盤から2000年シドニー五輪まで、ふたりは同じジャパンのユニフォームを着て国際舞台に立つ戦友だった。マウンドに立つ杉浦の後ろでファーストを守りながら、西郷は特別な思いを抱いていた。
「ものすごいボールを放っていました。杉浦さんが投げることによって、チームが引き締まる。杉浦さんが投げているから負けられないと思うし、背中で安心感もあります。杉浦さんが投げていて、守れるというのが自分の中で『幸せな時間だな』って」

 野球を好きだという原点があるから、43歳を迎えようとする今も打席に立ち続けている。その思いは、20代の頃も現在もまったく変わらない。
絶望の淵に落ちるような後悔を乗り越えたからこそ、西郷は社会人野球の歴史に名を刻み込んでいるのだ。

(文=中島 大輔)

このページのトップへ


【関連記事】
第3回 プロ野球へ最も選手を輩出している社会人野球チームは?【知って得するドラフト豆知識!】
日本学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム