印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回 「Big save!」 ボイジー・ホークス戦で初セーブ!2015年08月15日

チームメイトとランチ

前回勝利のハイタッチが嬉しいと書きましたが、今日はキャッチャーが優勝したかのような勢いで走ってマウンドにまで来て、全員が「Big save!」「Great job!」と言いながらハイタッチしてハグまでしてくれました!
こんな嬉しいことはないとすごく思い出に残る登板になりました。
試合後にはシャワーの順番待ちをしていたところ、キャッチャーの選手が「ここ使いなよ!」とお湯を出したまま代わってくれたので今日はすごく優しくしてくるなと思ったのに…なんの疑いも持たずに浴びたら水でした。めっっちゃ冷たかった。周りは大爆笑。ここには書けないような言葉で返しておきました!(笑)

4戦目は7対1の6点リードから5回に3点追い上げられ、7対4となった6回から登板しました。悪い流れを断ち切ろうとマウンドに上がりましたが、ランナーをため満塁から走者一掃の二塁打を打たれて同点に追いつかれてしまいました。
流れを止めることが出来ず逆転負け。大事な場面で起用してもらったのに不甲斐ない投球をしてしまいチームに申し訳ないです。
反省点を次の登板までに活かしたいと思います!

翌日の試合中は雨が降っていました。日本なら中断するだろうなと思うくらいの雨の中、屋根のないブルペンでずぶ濡れになりながら待機。
プエルトリコのウインターリーグに参加した時も感じましたが、皆当然のような感じで待機しているのでこういった感覚の違いはすごく面白いなと思います。

ずぶ濡れになりながらも勝ち、今日はアイダホ州Boiseからワシントン州のシアトルに近いEverettという街までいってきます。10時間くらいかかるそうです。それでは行ってきます!

このページのトップへ


【関連記事】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第3回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(後編)【侍ジャパン 世界一への道】
第2回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(前編)【侍ジャパン 世界一への道】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム