第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ編2015年10月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 4年ぶりに優勝を逃した巨人 今年は大型補強か?
[2] 今年は将来性重視のドラフトになる可能性あり

読売ジャイアンツ 今季戦績

 143試合 75勝67敗1分け 勝率.528 セ・リーグ2位

4年ぶりに優勝を逃した巨人 今年は大型補強か?

菅野 智之(読売ジャイアンツ)

 優勝できなかった翌年、大型補強をするという伝統が巨人にはある。03年以降に絞って、FAを含めた移籍とドラフトの2つに分けて補強例を紹介したい。

■03年 3位
移籍→シコースキー投手(ロッテ)、小久保 裕紀内野手(ダイエー)、ローズ外野手(近鉄)
ドラフト→1位内海 哲也投手(東京ガス)、2位西村 健太朗投手(広陵2010年インタビュー

■04年 3位
ドラフト→1位野間口 貴彦投手(シダックス)、2位三木 均投手(八戸大)

■05年 5位
移籍→豊田 清投手(西武)、パウエル投手(オリックス)、小坂 誠内野手(ロッテ・2015年インタビュー【前編】 【後編】)、李 承燁(ロッテ)
ドラフト→大社ドラフト希望枠・福田 聡志投手(東北福祉大)、高校生ドラフト1巡辻内 崇伸投手(大阪桐蔭2009年インタビュー

■06年 4位
移籍→門倉 健投手(横浜)、小笠原 道大内野手(日本ハム・2015年インタビュー【前編】 【後編】)、谷 佳知外野手(オリックス)
ドラフト→大社ドラフト希望枠・金刃 憲人投手(立命館大)、高校生ドラフト1巡坂本 勇人内野手(光星学院2013年インタビュー

■10年 3位
ドラフト→1位澤村 拓一投手(中央大)、2位宮國 椋丞投手(糸満

■11年 3位
移籍→杉内 俊哉投手(ソフトバンク2014年インタビュー)、ホールトン投手(ソフトバンク)、村田 修一内野手(横浜・2013年インタビュー)、石井 義人内野手(西武)
ドラフト→1位松本 竜也投手(英明)、2位今村 信貴投手(太成学院大高

 今年は優勝を逃したので、オフには大型補強が予想できる。過去の例を見ると、移籍は外国人が主体で、日本人はFAのタイミングが合えば、という条件付きになる。巨人の2015年シーズンの外国人は投手のマイコラス、ポレダが好成績を挙げているので2人が残留した場合は補強はなし。動きそうなのは野手だ。

 セペダ、フランシスコ、カステヤーノスの3人は去就は微妙だが、今年の成績を見ても、「チーム内戦力外」の可能性は高い。後半戦から活躍したアンダーソンも微妙な立場である。
他球団からの補強候補は退団が噂されているルナ内野手(中日)、マートン外野手(阪神)の2人と、バルディリス内野手(DeNA)も候補に挙がるだろう。日本人選手では2年契約が今年で切れる松田 宣浩2014年インタビューの周辺が騒がしい。三塁の村田の衰えが目立つので、FA移籍は十分現実的な話だ。

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【次のページ】 今年は将来性重視のドラフトになる可能性あり


【関連記事】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス「競争心を煽らせるために即戦力投手の指名を!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第9回 【小関順二のドラフト指名予想】読売ジャイアンツ「華のある選手を指名するべき」【プロ12球団ドラフト分析2016】
今村 信貴(太成学院大高) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
北村 祥治(星稜) 【選手名鑑】
小澤 怜史(日大三島) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
柴田 竜拓(岡山理大附) 【選手名鑑】
高橋 純平(県立岐阜商) 【選手名鑑】
辻内 崇伸(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
松本 竜也(英明) 【選手名鑑】
松本 竜也(智辯学園) 【選手名鑑】
宮國 椋丞(糸満) 【選手名鑑】
村田 修一(東福岡) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コメント (1)
いつも楽しみです2015.10.22 橋本 雅憲
ドラフト会議での小関さんの解説は適格で楽しくきいています。巨人ファンの私ですが自分の思ったドラフトと異なるときは残念だなーと思いますが、小関さんの話を聞きながらBSテレビを見ているとそれも忘れて楽しんでいます。
今日も今から会社を休んでテレビの前でドラフト会議を見ます。取材頑張ってください。

コメントを投稿する

コラム