第17回 社会人野球ドラフト特集「今年はポテンシャル重視の1年に」2017年10月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年は速球派が数多く揃う年に
[2]藤岡裕大、田中俊太の日本代表の二遊間コンビなど逸材が多い

藤岡裕大、田中俊太の日本代表の二遊間コンビなど逸材が多い

藤岡 裕大(トヨタ自動車)

 永野将司(Honda)も左腕から常時140キロ後半の速球で押す投手。150キロで空振りを奪ったときの投球は爽快感があり、永野の持ち味を生かすとすればやはりリリーフということになる。力のある左腕が欲しい球団はうってつけの素材だ。石田 光宏(東京ガス)も好調時ならば、140キロ後半を計測する投手で、ボリューム感がある。リストに入っているだろう。高橋 史典(SUBARU)はいわゆる正統派右腕で、大きな欠点がない。常時140キロ中盤の速球、多彩な変化球をきっちりと投げ分ける。フォーム技術も高く、粗さがない。系統で言えば野上(埼玉西武)にあたる投手だろう。渡邉 啓太(NTT東日本)は、上半身を鋭くフォームから繰り出す140キロ前半のストレートは回転数が高く空振りが奪えるストレート。スライダーの切れもよく、テンポもよく、投手として必要なものが備わっている。西村は破壊力抜群の150キロ前後のストレートは威力抜群。都市対抗では不調に終わったが、フォーム修正のうえ、調子を取り戻してきている。

 野手では社会人捕手が人気株となりそう。その中で、21歳の岸田 行倫(大阪ガス)は、攻守のバランスが取れた強打の捕手で、年齢の若さもあって、高い評価を受けそうだ。辻野 雄大(Honda)も、バランスが取れた強肩捕手。社会人野球屈指の強肩捕手・松本 直樹(西濃運輸)も面白い存在だ。

 内野手では藤岡 裕大(トヨタ)が即戦力野手として呼び声が高い。コンタクト能力の高さ、守備範囲の広さ、スピード、走塁技術、どれをとっても一級品。その藤岡と日本代表で二遊間を組んだ田中 俊太(日立製作所)も、打撃技術の高さ、パンチ力、俊足と総合力が高い二塁手として面白い選手。橋戸賞を獲得した福田周平(NTT東日本)も走攻守が高く、意識の高さが随所に現れた野手である。外野手では好打俊足の神里 和毅(日本生命)が候補となるだろう。

 社会人野球となると野手は限りなく少なるが、リストに挙げたプロの舞台でも活躍が期待できるはずだ。

(文=河嶋 宗一


【関連記事】
第19回 まるでプロの先発投手!?西純矢(創志学園)はとてつもないパワーアップを遂げていた!【ドラフト特集】
第18回 いよいよドラフト!魅力なパフォーマンスを持った大学生たち【ドラフト特集】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「超高校級選手の獲得が必須」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
奥村 政稔(中津商) 【選手名鑑】
斎藤 俊介(成田) 【選手名鑑】
鈴木 康平(聖パウロ学園) 【選手名鑑】
鈴木 博志(磐田東) 【選手名鑑】
鈴木 康平(つくば秀英) 【選手名鑑】
鈴木 康平(千葉明徳) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コラム