第18回 いよいよドラフト!魅力なパフォーマンスを持った大学生たち2017年10月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]右投手では馬場、近藤、草場と地方大学を中心に好逸材が集結
[2]宮台、斎藤といった左腕投手、高橋礼、与座のアンダースローにも注目
[3]野手では岩見、山崎、宮本の3人に注目か

野手では岩見、山崎、宮本の3人に注目か

宮本丈選手(奈良学園大)

 野手では、岩見雅紀(慶応大)が大きく評価を挙げている。エルドレッド、または今季33本塁打を放ったゲイリーサンチェス(ヤンキース)に似ているという声もあるなど外国人の打者に例えられるように、パワーはプロ含めても規格外。春までは粗削りなバッティングが目立ったが、秋ではだいぶコンタクト率が高まり、甘い球は一瞬で本塁打にするコンタクト技術を身に付けつつある。守備・走塁が大きな課題で、まさに打撃オンリーの選手だが、プロの世界にこういう選手がいてもいいし、こういう選手を生かす起用ができるチームに指名されてほしい。

 内野手では東都通算100安打を達成した山崎剛(国学院大)は走攻守三拍子揃った内野手。打撃技術の高さ、国学院・上月健太コーチの下で徹底的に鍛えられた二塁守備とみていて躍動感のあるプレースタイルに心躍られるプレーヤーだ。そしてショートストップでは、宮本 丈(奈良学園大)も技術的に非常に高く、安定した守備力の高さはプロのスカウトから高く評価されており、指名候補に入る選手となるだろう。

 仙台六大学屈指のアベレージヒッター・楠本 泰史(東北福祉大)は、右、左へ打ち分けるバットコントロールが秀でた選手で、大きな欠点もなく、プロのレベルに対しての順応力も早そうな逸材だ。東北大初のプロ志望届けを提出した鳩原翔はリーグ4度のベストナインを受賞した。

 守備型の遊撃手として評価が高い熊谷 敬宥(立大)もプロレベルの動きができるショートストップで、守備を評価されて出場ができそうだ。村上 海斗(奈良学園大)は189センチ90キロの大型外野手。また大型外野手だと、海老原 一佳(創価大)は、高校時代からパワフルな外野手で、大学でもその良さをしっかりと伸ばしてきた。超俊足の外野手・島田 海吏(上武大)も、面白い存在だ。

(文=河嶋 宗一


【関連記事】
第19回 まるでプロの先発投手!?西純矢(創志学園)はとてつもないパワーアップを遂げていた!【ドラフト特集】
第17回 社会人野球ドラフト特集「今年はポテンシャル重視の1年に」【ドラフト特集】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「超高校級選手の獲得が必須」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第4回 【ドラフト1位選手の現在地】期待通りの結果を残しているドラ1選手を一挙紹介!【知って得するドラフト豆知識!】
近藤 弘樹(安佐北) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コラム