第8回 スタジアムDJの世界で果たした「NPB入り」 vol.12015年04月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]つながりを創り、状況を把握して「スポーツDJ」の道へ
[2]四国アイランドリーグplusで磨かれた「観察眼」と「手元スキル」
[3]四国から大きく羽ばたく「つばさっち」

四国アイランドリーグplusで磨かれた「観察眼」と「手元スキル」

グランド整備時にはグラウンドに降りて観客を盛り上げる香川オリーブガイナーズスタジアムDJ・藤澤 翼氏

「リーグ初年度の2005年は徳島インディゴソックスと香川オリーブガイナーズのスタジアムDJを。そして翌年は全球団のスタジアムDJをしました。土曜日に高知ファイティングドッグスのホームゲームを宿毛(高知県の南西)でして、翌日の日曜日に鳴門(徳島県東北部)で徳島インディゴソックスのホームゲームでしゃべったこともあります。

 2007年以降は香川オリーブガイナーズの比率が大きくなって、今は香川オリーブガイナーズでスタジアムDJをしています」

 選手以上に「過酷」の二文字。サッカーとは畑違いの現場。が、ここで活かされたのも持ち前の観察眼であった。

「野球は子どものころからずっと見てきた世界。そしてこの時期からはNPBの試合もサッカーのスタジアム要素を入れるようになってきました。さらにリーグからは『MLBの球場に近い雰囲気を作ってほしい』というリクエストもあったので、それを混ぜこぜにした感じです。具体的には応援団がしてくれる応援に対し、放送的に言うと『いかに割り込める』(一体化できる)か。とかですね。

 独立リーグはマンパワー的に限界があっても緩さがある。ただ、選手はNPBを目指し頑張っているので、野球にある『すき間』を選手のプレーを阻害しないことを考えて。独自のエンターテイメントを研究した結果、手元ですべてを進める形になったんです」

「手元スキル」の結集。それが藤澤氏が現在持ち込んでいるPCだ。このPCからは各選手の登場曲や状況に合わせた音楽が、配線さえつなげばいつでも流れるように準備されている。レクザムスタジアム四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀で絶妙のタイミングで流れる音と声は、いまやこれなくしてはありえない。

 新入社員の多くが通る道「新規開拓営業」という部分でも、「放送技術」の部分でも含蓄のある言葉が続いた第1回。第2回では、「言葉にするのは難しい」と言いながらも語ってくれた独立リーグの魅力や、若者たちへのメッセージなど、藤澤氏ならではの視点でさらなる言葉が綴られていく。

(文・寺下 友徳

このページのトップへ


【次のページ】 四国から大きく羽ばたく「つばさっち」


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」 【2015年インタビュー】
第38回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.5 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する