第8回 スタジアムDJの世界で果たした「NPB入り」 vol.12015年04月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]つながりを創り、状況を把握して「スポーツDJ」の道へ
[2]四国アイランドリーグplusで磨かれた「観察眼」と「手元スキル」
[3]四国から大きく羽ばたく「つばさっち」

四国から大きく羽ばたく「つばさっち」

<プロフィール>
藤澤 翼(ふじさわ・つばさ)

香川オリーブガイナーズのホームゲームでスコアと進行表・PA連動のPCを巧みに操るDJ藤澤 翼氏

 1978年7月24日・香川県丸亀市生まれ。三木郡三木町立白山小3年の時、プロ野球の楽しさに惹かれ、白山ジュニア(現:白山軟式野球スポーツ少年団)に入団。二塁手にはじまり様々なポジションを経験し6年の時は投手も経験。4番・主将も本人曰く「ストライクの入らない投手(笑)」 

 三木町立三木中でも引き続き軟式野球部に入部したが「内野手でパッとしなかったので」2年で受験勉強に専念。香川県内屈指の進学校・高松高では関西遠征でプロ野球観戦をしつつ、ソフトテニス部で3年間を過ごす。ちなみに2・3年時に地理を教えてもらったのは松家 卓弘(東京大~横浜ベイスターズ~日本ハムファイターズなど~現:香川県立香川中央高校教員)、塹江 敦哉高松北高~広島東洋カープ)を育成した秦 敏博・野球部監督(現:高松北高校野球部監督)

 大学は香川大に現役合格も「塾講師にはまりすぎて(苦笑)」1年で退学。愛媛大教育学部情報教育コースを再受験し入学後は、さらに塾講師やラジオパーソナリティの道を模索。3回生・2001年に当時JFL(現:J2)愛媛FCのスタジアムDJでスポーツ業界デビューを飾る(~2006年)と、4回生の時には愛媛県今治市のコミュニティFM局「FMラヂオバリバリ」でもDJを務める。

 大学卒業後は四国・岡山圏を中心としたスポーツスタジアムDJとして確固たる地位を確立。サッカー女子なでしこリーグ・岡山湯郷ベル、バレーボールVリーグ女子・岡山シーガルズなど活動は多岐に渡る。なお、2004年にはFM香川「JOY-U・CLUB」パーソナリティーにも就任。2014年3月までの長期にわたり香川県の夕方を彩った。

 四国アイランドリーグplusとは2005年4月の開幕時からスタジアムDJを中心にかかわる。そ2011年4月から株式会社夢企工・常務取締役兼イベント部門MCグループリーダー。そして2014年4月からはNPB・福岡ソフトバンクホークスのスタジアムDJ「DJツバサ」として、ますます活躍の場を広げている。

このページのトップへ


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第52回 香川オリーブガイナーズ ドリュー・ネイラー投手(中日ドラゴンズ入団決定) 「『信は力なり』でつかんだNPB」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」 【2015年インタビュー】
第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」 【2015年インタビュー】
第38回 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.5 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する