第42回 石川ミリオンスターズ フリオ・フランコ監督兼選手「日本野球を変えた漢、独立リーグの変革者へ」2015年04月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]日本で指導できる扉を開いてくれた石川ミリオンスターズ
[2]いろいろなことを「チェック」していきたい / 「素晴らしい」ゲームを石川で魅せます!

いろいろなことを「チェック」していきたい

フリオ・フランコ監督兼選手(石川ミリオンスターズ)

――チーム合流2日目での采配初戦は残念ながら1対7で香川の前に敗戦でした。

フランコ この試合では石川ミリオンスターズの選手たちがどんな適性を持っているか、どのポジションが適しているかを見ていました。もう少し時間が経てはいろいろなことが判ってくると思っています。そしてもう少し9回1点を返した場面で畳み込めば、結果も違ってきたと思います。

――プレーする場面を期待するファンの方もいらっしゃったと思いますが?

フランコ 香川オリーブガイナーズ戦ではどんな選手がいるのかをじっくり見たかったので、プレーすることは控えました。それもあって試合中にメモをとっていました。

――それを踏まえて、石川ミリオンスターズをどんなチームにしたいと思っていますか?

フランコ 香川オリーブガイナーズ戦の時点では投手の何人か、さらにドミニカ人の選手が抜けていたので何とも言えない部分があります。彼らをチェックした上でどんなチームにするかを決めたいです。誰が脚の速い選手か、バントのできる選手は誰なのかなど、初戦から15日くらいかければ、どんなチームになるのかわかると思いますね。

――日本の独立リーグチームとしてはじめて対戦した香川オリーブガイナーズについての印象はありますか?

フランコ 「GOOD TEAM!」です。バランスがしっかり取れていますし、特に外国人の投手は球速が速かったですね。ひょっとしたら彼らは僕らより練習しているのかもしれませんが(笑)

「素晴らしい」ゲームを石川で魅せます!

――これまでのキャリアでMLB・NPB・韓国やメキシコなどでもプレーされてきたフランコ監督兼選手ですが、その目からみてメンタリティーを含め上に上がるために必要なことはありますか?

フランコ ビッグリーグでやっているのは「素晴らしい」選手達ばかりです。ですから、彼らと競うためには自分のベストコンディションを保ってプレーすることが必要。これが一番大切な事だと思います。

――では、最後に日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします。

フランコ 本当に長い間、日本でプレーしている期間だけでなくMLB時代にも応援をしてくださった日本のファンの方には改めて感謝をしています。ありがとうございます。石川ミリオンスターズでは素晴らしいゲームをお見せしますので、ぜひ石川のスタジアムに来てゲームを見てください。よろしくお願いします。

――来日すぐでお疲れのところ、ありがとうございました。

フランコ ありがとうございます!

(インタビュー・寺下 友徳

このページのトップへ


プロフィール

フリオ・フランコ
フリオ・フランコ
  • 生年月日:1958年8月23日
  • ドミニカ共和国出身
  • 185センチ95キロ
  • 右投右打

ディビネプロビデンセ高等学校卒業。82年にフィラデルフィア・フィリーズなど4球団でプレーした後、96年・98年に千葉ロッテマリーンズでプレー。
その後、08年はメキシカンリーグのキンタナロー・タイガースでプレーしたのち、同年限りの現役引退を発表。12年からは球団監督を務めるなど、指導者として野球界に貢献。15年より、BCリーグ石川ミリオンスターズの監督兼選手に就任した。

【関連記事】
第11回 藤川 球児とタフィ・ローズ 2人の「レジェンド」が独立リーグにもたらす影響【独立リーグコラム】
第27回 端保 聡社長(石川ミリオンスターズ) 【2014年インタビュー】
第15回 石川ミリオンスターズ 大久保裕貴 選手 【2013年インタビュー】
第14回 石川ミリオンスターズ 木田優夫 選手 【2013年インタビュー】
第12回 横浜DeNAベイスターズ 内村賢介 選手 【2013年インタビュー】

インタビュー