印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第3回 日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身)【後編】2014年10月21日

【まずは前編を読む】日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身)【前編】

【目次】
[1]肉体改造へ 1日8食の『食トレ』
[2]手応えを掴んだ3年春のリーグの拓殖大戦
[3]先発なら杉内俊哉さん、リリーフなら高橋朋己さんが理想

先発なら杉内俊哉さん、リリーフなら高橋朋己さんが理想

戸根 千明選手(日本大学)

――再びプロを視野に入れるようになったのも、その頃ですか。

戸根 夏に社会人の強豪のJR東日本とのオープン戦で6回くらいを投げて3安打に抑えることができたんです。三振も結構、取ることができて、もう1度、プロに向かってやっていこうと明確に思えるようになりました。自信もさらにつきましたし、その後の秋のリーグ戦の防御率トップ(1.72)にも繋がりました。

――4年生になってからも進化の跡が見られますが、どんな意識を持って取り組んでいますか。

戸根 ガムシャラにやるだけじゃなく、一歩引いて自分を見ることも大事だと思います。なりたい自分になるためにはどうすればいいのかを考えて行動するようにしています。

――ただ、自分のことというのはなかなかわからないものですよね。

戸根 そうですね。ですから、他の人に「おまえってバットに当てるのうまいよね」「意外と長打力あるよな」などと、パッと言われたりすることもあると思うので、そういう言葉を素直に受け止めて、向き合ってみることだと思います。

 自分ができていると思っていても、他人から見たらできていないことは多いですよね。まわりの人が自分をどう見ているか、どういうピッチャーだと考えているかというのを僕は頭に入れていますし、それを踏まえて配球を考えたりもします。冷静に自分を分析することで長所も見つかると思いますし、そこを伸ばしていけば野球選手としての可能性も広がると思います。

――今後、目指す理想像というのはどんなピッチャーでしょうか。

戸根 先発でしたら杉内 俊哉(インタビュー)さん、能見 篤史さんのような球界を代表するピッチャーになりたいと思っていますし、リリーフなら山口 鉄也さんや西武の高橋 朋己さんのようなタイプが自分に近いと思います。特に高橋さんは同じように身長が高いわけではないですし、フォームも変則なので目標にさせていただいています。

 まだ、すべてにおいて力が十分ではないですけど、まずは自分の長所であるストレートに磨きをかけていきたいですね。将来的には「あいつのストレートには手が出ない」と思われるようなピッチャーになりたいです。

 戸根選手ありがとうございました!まさに自分を大きく変えたということですね。ここまで思い切って決断できる選手もなかなかいないと思います。ドラフト会議では吉報が届くことを期待しております! 

(インタビュー・鷲崎 文彦


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

このページのトップへ


プロフィール

戸根 千明
戸根 千明(とね・ちあき)
【関連記事】
第6回 【ドラフト総括】読売ジャイアンツ編【プロ12球団ドラフト分析2014】
第2回 日本大学 戸根 千明選手(石見智翠館高出身) 【前編】 【2014年インタビュー】
戸根 千明(石見智翠館) 【選手名鑑】
日大一 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
日大豊山 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】

インタビュー